「崩れないメイク」解説書。美容のプロが教える、崩れ防止の基本とおすすめアイテム14選

2019.09.26

大人女子をひたすらに困らせるメイクの崩れ。ベースメイクのヨレ、マスカラ落ち、消えたアイブロウ…レディにふさわしくない化粧崩れは、どうしたら防げるの?

今回はメイクアップアーティストや美容家など、プロの知恵を総動員!プチプラの下地やスプレーのプレ化粧水など、プロおすすめアイテムとともに、長時間崩れないメイクをまるっとご紹介。美容賢者が実践する、崩れ必至のライブ用メイクも要チェック。

ー目次ー

メイク崩れ防止の基本は?「塗りすぎない」ベースが鍵

パウダーつけすぎてない?夕方の化粧崩れおブスの原因とは

崩れないメイクは、保湿がすべて!!乾燥肌にご注意

肌になじむ、化粧水の付け方(朝と晩)。肌に手が吸着するイメージで

乾燥肌さんは濃密クリームでフタ。スキンケアの見直しを

崩れストレスとさよなら。プロおすすめの崩れないメイクをつくるアイテムたち

ライブは日焼け止めとリップのみで。崩れないアウトドアメイク

あえて、ファンデを使わないという方法も。下地+プレストパウダーの合わせ技

まとめ

出典: Lulucos by.Sアプリ

***

メイク崩れ防止の基本は?「塗りすぎない」ベースが鍵

メイク崩れで一番気になるのが、ベースメイク。ヘア・メイクアップアーティストの宮本由梨さんによると、崩れを防ぐ基本のポイントは「塗りすぎないこと」

日焼け止め・化粧下地・ファンデーション・コンシーラー・フェイスパウダー…とついつい重ねてしまうけれど、重ねた分だけお直しが必要に。必要最低限の量・薄さでカバーをするのが、崩れないメイクの大前提。

ベースの崩れを防ぐには、やっぱり塗り過ぎないこと。ベースメイクの崩れは雪崩と同じようなもので、重ねた分だけお直しする量も増えます。

だから省けるところは省いて、コンシーラーも塗り過ぎないこと。重ねすぎないように気をつけましょう。

コメント: 宮本由梨さん

崩れないメイクは、保湿がすべて!乾燥肌にご注意

崩れないメイクを目指すときに、「ベースメイクは保湿がすべてだと思う」と教えてくれたのは、ヘアメイクアップアーティストの本岡明浩さん。

ベタベタ肌は乾燥しないと勘違いされやすいけれど、汗をかき放っておくと水分が奪われて乾燥状態に。スキンケアでたっぷり保湿をして、崩れないメイクの土台を作って。

メイクは家を建てるようなもの。土台がゆるいと上に重ねても崩れやすい。土台がしっかりしてると丈夫な家になるのと同じです。

コメント: 本岡明浩さん

肌になじむ、化粧水の付け方(朝と晩)。肌に手が吸着するイメージで

たっぷり保湿するために、実践したいのはメイクアップアーティストの佐々木貞江さんが教えてくれたこの方法。

①きれいに洗った手で洗顔をし、タオルで水分を軽くオフ
②洗顔後は乾燥しやすいので、すぐに化粧水をつける
③説明の分量に従って数回にわけて、手のひらで顔を包むようになじませる
④しっとりモチモチの肌に手が吸着するような感じになればOK
⑤最期に、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分入り美容液などを肌にオン

朝と晩「肌に手が吸着するイメージ」までしっかり保湿するのが、重要なポイント。佐々木さんいわく、朝時間がないときは夜に時間をかけてスキンケアをするのも◎。

日中の乾燥は、保湿ケア不足によるもの。メイクのノリが悪いなら、もう一度スキンケアの付け方を見直しましょう。

コメント: 佐々木貞江さん

乾燥肌さんは濃密クリームでフタ。スキンケアの見直しを

「何を使っても崩れてしまう」とお悩みの乾燥肌さんにアドバイスしてくれるのは、ヘア・メイクアップアーティストの宮本由梨さん。ファンデーションを変える前に、スキンケアの見直しが乾燥肌さんも重要なんだとか。

宮本さんおすすめは、化粧水→美容成分が詰まったパック→クリームでフタをする3ステップ。ただし保湿力が高すぎるクリームはメイク崩れにつながることもあるから、クリームから乳液に変えるなど、自分の肌と向き合って調整してみて。

パックの後は、クリームでフタをすれば完成。ただ、このときに気をつけたいのは使うクリームの選び方。

クリームを塗っても塗っても足りないような超乾燥肌の人なら問題ありませんが、保湿力が高すぎるものだと、人によってはメイク崩れにつながる可能性もあります。肌の乾燥具合を把握して、クリームから乳液にするなど保湿力の調整をしましょう。

コメント: 宮本由梨さん

崩れストレスとさよなら。プロおすすめの崩れないメイクをつくるアイテムたち

ここからはプロ厳選の、崩れないメイクをつくるアイテムをご紹介。1日中きれいなメイクを保てるよう、スキンケアからメイクアップまで自分にあうものをチョイスして。

#プレ化粧水&保湿化粧水で崩れない土台を。プロおすすめ化粧水

アベンヌ ウオーター
50g 700円 / 150g 1,500円/ 300g 2,200円(それぞれ税抜・編集部調べ)

メイクアップアーティストの本岡明浩さんがおすすめしてくれるのは、2つの化粧水。まずはさらっとしたプレ化粧水のアベンヌ「アベンヌ ウオーター」。洗顔後、顔全体に3回スプレーすると、肌の奥まで水分が届いていく。

とろみのある化粧水をいきなりつけても、肌には染み込みにくくなります。まずはさらっとした「プレ化粧水」で、肌の奥まで水分を届けていきましょう

コメント: 本岡明浩さん

ヴェレダ ワイルドローズ モイスチャーローション
100mL 3,800円(税抜)

プレ化粧水のあとは、保湿力の高い化粧水を。本岡さんが愛用している化粧水の一つがヴェレダ ワイルドローズ モイスチャーローション。日本人のために生まれた日本限定処方の化粧水で、ワイルドローズの調和力で、うるおいに満ちたゆらぎにくい肌に導いてくれる。

#化粧崩れ問題は下地で解決!パーツごとに使い分けて

サナ 毛穴パテ職人 毛穴崩れ防止下地は、ヘア・メイクアップアーティストの宮本由梨さんおすすめのプチプラ化粧下地。さらさら仕上げなのに乾燥しないと、宮本さんも絶賛。毛穴が気になる部分に塗って、崩れないベースづくりを。

崩れない系のコスメは、さらさらに仕上げてくれる分乾燥しがち。でも、これは乾燥しないのにキレイをキープしてくれる優秀アイテム。

コメント: 宮本由梨さん

#美容大国からやってきた、感動レベルの崩れないコンシーラー

ザ セム カバーパーフェクション チップコンシーラー
780円(税抜・私物)

ファンデーションの薄塗りに欠かせない、カバー力の高いコンシーラー。ヘア・メイクアップアーティストの宮本由梨さんが「崩れなくて感動」と絶賛するアイテムが、韓国コスメブランド「ザ セム」のコンシーラー。プチプラなのにデパコスレベルの質に、あなたも驚くはず。

カバー力、フィット感、崩れにくさのすべてを兼ねそろえたコンシーラー。リキッドタイプってカバー力がなかったりヨレやすかったりするものも多いけど、これは本当に崩れにくい!

伸ばすとサラッとするけど、ひび割れたり乾燥することもなし。皮膚が薄いハーフモデルのクマ隠しに使っても、きちんとカバーしてくれて、しかも崩れなくて感動。いまでは手放せないアイテムになっています。

コメント: 宮本由梨さん

#テカリやヨレを未然にブロック!崩れないパウダー

ベースメイクの仕上げに使いたい、インテグレート スーパーキープパウダー。余分な皮脂を吸って、テカリやヨレを未然にブロックしてくれる。朝のメイクにはもちろん、夕方の化粧直しにも大活躍。こちらも宮本由梨さんおすすめ品。

最近、プライベートではいつもこのパウダーを使ってます。さらっとフラットな肌にしてくれて、プチプラとは思えないほど優秀! 夏のお直しにはもってこいのアイテム。

コメント: 宮本由梨さん

#汗・水・涙に強い。落ちないプチプラアイライナー

皮脂や汗で、アイライナーがにじんでパンダ目…メイクアップアーティスト佐々木貞江さんおすすめの落ちないプチプラアイライナーが、ケイト コンクジェルアイライナーWP。描いた瞬間まぶたとピタッと密着し、ツヤのある仕上がりに。

#ウエディングヘアメイクがすすめる、落ちない最強マスカラ

涙は花嫁につきもの…ウエディングヘアメイクの小林理保さんは、職業柄落ちないマスカラ選びもプロ中のプロ。マジョリカ マジョルカ「ラッシュエキスパンダー ロングロングロング」は、まつげが自然にのびるのに、まったく落ちないという、小林さん太鼓判のアイテム。

本当にまつげが長くなるのに、まるで自まつげが伸びたみたいに上品かつ自然に仕上がるところが気に入っています。カールキープ力や落ちにくさも申し分なし。雨の中走って帰った後も、まったく落ちていなくて感動しました(笑)。

コメント: 小林理保さん

#発色と色もち抜群。プロが現場で使う落ちないリップ

メイクアップアーティストである佐々木貞江さんが現場で使っている、落ちないリップがNARS パワーマットリップピグメント。発色色持ちが抜群で、NARS史上最強のマットな仕上がり。塗り直しできないときにも活躍するリップ。

#乾燥しやすい目の下に。崩れないためのオイル

崩れないメイクの土台作りで、メイクアップアーティスト 本岡明浩さんが愛用しているのがSHIGETA EX オイルセラム。お肌にハリを与えるエッセンシャルオイル配合で、乾燥しやすい目の下ツヤが欲しい部分に塗るのが本岡さん流。

オイルは、おでこに塗りすぎるとテカってしまうので、乾燥しやすい目の下や、テカってもよいところだけに塗ります

コメント: 本岡明浩さん

#こまめに保湿。崩れない肌をキープするスティック状美容液

どんなにスキンケアをしても、乾燥してしまうひとにぴったりなのが、ヘア・メイクアップアーティスト 宮本由梨さんおすすめのイプサ ザ・タイムRデイエッセンススティック。メイクの上から塗れるから、乾燥が気になる場所にこまめな水分補給ができる。

乾燥肌さんのカピカピ崩れには、メイクの上から塗れるクリームや美容液で潤いを補給してあげる対策を。目尻やほうれい線などのシワにファンデが沈んでしまうひとは、このスティックを指で叩き込み、なじませてあげましょう。

コメント: 宮本由梨さん

#夕方のメイク直しにオイルでチャージ

乾燥によるメイクの崩れに、エッフェオーガニックとセルヴォークのディレクター田上陽子さんが使っているのはコンセントレートオイル。乾燥やくすみが気になる部分にオイルを重ねてメイクを直し、肌を元気にみせているんだとか。

年中乾燥肌なので、夕方は乾燥やくすみが特に気になってくる。そんなときは、肌を元気に見せるためファンデーションにオイルを混ぜたり、艶が欲しい部分にオイルを上から重ねたりしています。崩れを防ぐためにも、量の付けすぎには注意。重すぎないオイルがおすすめ。

コメント: 田上陽子さん

ライブは日焼け止めとリップのみで。崩れないアウトドアメイク

最高気温が30度を超えるような日に、ライブやアウトドアを楽しめばメイクは崩れるもの。田上陽子さんは日焼け止めリップだけで仕上げ、メイクを直す手間を最小限におさえているそう。

その代わりリップのカラー選びはこだわり、野外でもよく映えるオレンジ系リップがおすすめなんだって。

確かに気になるなら、目もとはサングラスをかけてしまえばアイメイクをする必要はなし…潔いメイク術に、びっくり&納得!

どうせ崩れるので、フェスではあまり作りこまないメイクが多いです。汗とかで落ちやすいマスカラは使わない。それこそ“日焼け止めとリップ”だけでも可愛いし、外国人っぽい。海外のフェスとか行くと、ばっちりメイクしてる人って案外少ないんですよね。

コメント: 田上陽子さん

あえて、ファンデを使わないという方法も。下地+プレストパウダーの合わせ技

化粧崩れは、ファンデーションなどの重ね塗りが大きな原因。あえてファンデーションを使わず、UVカット機能のある下地パウダーだけで仕上げるのがメイクアップアーティストの佐々木貞江さんおすすめの方法。下地はBBクリームなら、肌に透明感がでてカバーもしてくれる。

ベタつくときは、あえてファンデーションを使わないこと。重ねないメイクが、崩れにくい肌を作ります。

コメント: 佐々木貞江さん

まとめ

・崩れを防ぐ基本のポイントは「塗りすぎないこと」
・夕方化粧崩れの原因は「パウダーのつけすぎ」
・崩れないメイクは、保湿が鉄則
肌に手が吸着するイメージでたっぷり保湿
・乾燥肌さんは濃密クリームでフタをする
・ライブメイクは日焼け止めとリップだけで潔く
UVカット機能のある下地パウダーだけで仕上げるのも◎

万全なスキンケアで土台をつくり、必要以上に重ねないベースメイクが、崩れないメイクの肝。

text : あゆみ

Recommend