夏のどろどろ顔に萎え…。「お直しゼロでも1日中崩れない」プロが感動した“魔法の化粧水”

2019.08.22

顔から汗や皮脂が噴き出る夏。ファンデが溶けて、気が付けば顔がどろどろの悲惨な状態に…。そんな化粧崩れは、仕上げの化粧水ミストで回避可能!

女性の晴れ舞台を彩るウエディングヘアメイクの小林理保さんが、1日中お直ししなくても崩れず「感動した!」という化粧水ミストをご紹介。この夏、手放せなくなること間違いなしの、皮脂吸収成分入り実力派ミストの正体とは?

汗・湿気・皮脂の三連コンボ。夏の風物詩「どろどろ顔女」

朝、しっかりメイクをしても、皮脂や汗によって不可避となる化粧崩れ…。特に夏は、どろどろ顔が加速。こまめにお直しできればいいけれど、そんな時間をとれないほど忙しい日は、夕方には顔がどろっどろ。お仕事中も、化粧崩れを起こした"汚肌"を見られているような気がして、集中できなくなってしまう…なんてことも。

化粧崩れを起こす場合、ファンデーションや下地の改善を思い浮かべるかもしれないけれど、もっと手っ取り早く、いつものメイクに化粧水ミストをプラスしてみるのもひとつの手。ウエディングヘアメイクの小林理保さんが「これはすごい!」と感動したという、実力派の化粧水ミストを教えてもらった。

プロがお直しゼロでも1日中崩れなかった、実力派・化粧水ミスト

出典: ライター撮影

ドクターシーラボ VC100エッセンスミスト 100g 1,800円(税抜)

水にも油にもなじむ性質の「100倍浸透ビタミンC」を配合したビタミンCミスト。高い浸透力によって細胞膜をすり抜け、肌深くで効果を発揮。たるみ、シワ、シミ、くすみ、毛穴の開き、乾燥、ニキビ跡などを多角的にケアしてくれる。

このミストのすごいところは、長時間メイク仕立ての状態をキープしてくれるという点。メイクの上から使うと、うるおいをチャージしつつ、過剰な皮脂分泌によっておこるメイクの崩れを防いでくれる。

その効果は、ヘアメイクとして多忙な日々を送る小林理保さんのお墨付き。オイリー肌だという理保さんが、メイク後にシュッとしただけで、1日中お直しをしなくても崩れなかったレベル。まるで“魔法”の化粧水ミストなのだとか。

出典: ライター撮影

肌から10~15cmくらい離してスプレーするだけ。霧がかなり細かく、ベタつきゼロ。スッと浸透早く、内側からうるおいを与えてくれるから、変なマット感なくメイクしたてのみずみずしさがいつでも蘇りそう。

小林さんに、使い方のコツを聞いた。

朝のメイク後にサッと、円を描きながら均等に振ります。そして、手で軽く押さえて馴染ませるのがポイント。

お直しとしてなら、まずティッシュで軽くメイク崩れを押さえてから使ってみてください。そうするとお肌にふっくらハリが戻って崩れが直ります!

コメント: ヘアメイク小林理保さん

柑橘系のさわやかな香りは、気分転換やリラックスタイムに最適。デスクに1本、バッグの中に1本、お守りのように常備しておきたい。

また、「スキンプロテクター成分」を配合しているから、スプレーをするだけで顔の表面に見えない膜を形成し、日中のチリ・ホコリをはじめとする多種多様なダメージから肌を守ってくれるという優れもの。

このミストの存在を知ることができたあなたは、どろどろ顔知らずの鉄壁フェイス候補生。現場のプロが感動したという実力派の逸品を、ぜひ一度お試しあれ。

取材協力/ROI Wedding 小林理保

text : by.S編集部

supervised by

ヘアメイクアップアーティスト
小林 理保

フリーのヘアメイクアーティストとして活躍後、ブライダルアシスタントとして1年半、森ユキオ氏に師事。2015年より、ROI WEDDINGチームに所属。

Recommend