• 小物アカデミー賞

その流行パンツ…「大人だから膝丈」「女靴」選択がこダサい原因かも。プロ直伝・正解コーデ

2019.09.03

ここ数年続いた長め丈ボトムブームの流れを断ち切るように、今季、続々と登場しているショーパン。「大人だから膝丈を選ぶべき?」「足もとは女らしくピンヒール?」どうやらその選択が、おしゃれにキマらない原因かも。

今年ならではの選びと着こなしをスタイリスト井関かおりさんが指南。“大人のショーパン”攻略法はこちら!

真っ先に真似したい“大人のショーパン”お手本コーデはコレ

上品かつシックなブラウンは、今季いちばんの流行カラー。リネンのような、いい具合に肩の力の抜けたナチュラルな素材感がおすすめ。ショーパンと同系色のベージュジャケットをさっと羽織れば、まとまりよく仕上げながらもコーデに奥行きが出てこなれ感が倍増!

選ぶべき“丈”

出典: green K

「大人だから」と露出を控えた膝丈は、膝下が短く見えるのでバランスが取りづらい。それよりも、思い切って短め丈を選んだ方が断然今年っぽいうえ、脚長効果があるのでスタイルよく見える。

色は流行のブラウンやベージュをはじめ、カーキなどのアースカラーが正解! ネイビーや黒も素敵だけれど、コンサバにまとまり過ぎて抜け感が出しづらいので注意して。

コメント: 井関かおりさん

おすすめは、Ungrid

出典: Ungrid

長さや色が理想形のこちら。ふわりと広がった裾のおかげで、細見え効果も期待できそう。

着こなしのポイント。トップスの正解は?

出典: green K

トップスは、流行りのタンクTや着こなしに表情をつけやすい薄手のシャツがおすすめ。シンプルなTシャツでもダメじゃないけれど、ラフになり過ぎるうえ「なんか普通」な着こなしにおさまりがち。“ひとクセ”あるデザインや素材感を選んだ方がおしゃれ見えしやすい!

アースカラーのショーパンには、トップスも同系色でなじませたワントーンコーデが今年流。トップスはくしゅっとルーズにタックインすれば、バランスアップも叶います。

コメント: 井関かおりさん

着こなしのポイント。足もとの正解は?

出典: green K

仕上げの靴は、着こなしの完成度を左右する重要アイテム。スタイルアップや女らしさを狙ったピンヒールは、ナチュラルな抜け感がマストな今のムードとミスマッチ。ひと昔前の印象を与えてしまいがち。今年は、カジュアルなぺたんこ靴で、気負わない着こなしを意識して。

ぺたんこ靴に抵抗のある身長Sガールさんは、厚底のプラットフォームを選べば気になるスタイルアップもカバーできます。

コメント: 井関かおりさん

ともすると幼く見えたり、カジュアルに転び過ぎてしまったり、一歩間違えると古臭く見えたり…と、テクが必要なショーパン。今年ならではの選びと着こなしをしっかり網羅して、今っぽく、おしゃれに着こなして。

取材協力 Stylist/井関かおり illustration/green K

Channelバックナンバー

小物アカデミー賞

配信日:火曜日(毎週)

「小物使いの神」と名高い井関さんに聞く、本当に使える最優秀小物を発表。

text : 大森奈奈

supervised by

スタイリスト
井関 かおり

ファッション誌や広告で活躍する人気スタイリスト。小物を効果的に使ったスタイリングが得意。著書『5年先まで役立つ着まわし~小物でチェンジ!リアルコーデ108~』。
by.Sチャンネル「小物アカデミー賞」で火曜日(毎週)配信中!

Recommend