• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

販売前から話題…人気ブランドで激売れ中「秋のHIT服」。暑い日でも秋感だせるコーデテクも✔️

2019.09.18

季節が移ろうこの時期、そろそろ本格的に秋服へスイッチしたい。Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんが、いますぐチェックすべき最旬秋アイテムと、手持ちの夏服を秋っぽく着こなす方法を教える。

秋の激売れアイテムは…スカーフで個性が宿る、セットアップ

秋服がずらりと出揃うAmeri VINTAGE。なかでも、人気が集中しているアイテムがある。

スカーフが付属したセットアップです。先行受注では、予想を上回る人気でしたね。

コメント: 黒石奈央子さん

以前からセットアップアイテムを販売していたAMERIだけど、春アイテムから人気が集中し、そしていま、人気は絶頂を迎えているそう。

カラー展開は黒、テラコッタ、カーキの3色。人気色は黒なんだとか。

ほかのセットアップとの大きな違いは、スカーフが付属していること腕や首、ウエストに付属スカーフをプラスすることで、可愛らしい印象に。キメすぎない抜け感を演出できる。

スカーフの巻き方はシンプルでOK。
首の場合、結び目をうしろに結いウエストの場合、後ろでリボンを結えばおしゃれ度がワンランクアップする。

もちろん、セットアップで使わなくてもOK。ジャケットだけ…パンツだけ…と、それぞれ自由にコーデに取り入れて。

まだ暑いから…色の濃度調整で、即・秋ムード

淡い色づかいになりがちな夏服。でも秋に、淡さは合わない。トーンを一新して。

たとえば、夏に大活躍したラベンダーから、9月以降は濃パープルにスイッチしてみて。色づかいを意識するだけで、薄着でも秋っぽさを演出できるはずです。

コメント: 黒石奈央子さん

今秋のトレンド色は濃パープルのほか、定番のテラコッタも使えそう。

ちなみにちょっと気が早いけれど、黒石さんのこの冬の推し色は、シャーベット系ブルー

冬素材に淡い寒色。ギャップのあるコンビネーション、ぜひ参考にしたい。

真冬のシャーベット系の前に秋はこっくりカラーを満喫したら、毎シーズン新鮮に楽しめそう。

秋冬の小物は“ちょいごつめ”が新定番に

まだ暑いいまの時期、薄着をしていても、小物さえ秋を装えば季節感をなぞることができる。黒石さんがすすめるトレンド小物は「ちょいごつめ」
まず、ベルトは…。

コンチョのベルトです。取り入れれば、即旬顔になれるアイテムですね。

コメント: 黒石奈央子さん

そして足もとも、やっぱり“ごつめ”が共通点。

レースアップブーツスタッズつきのローファーなど、ロックテイストな辛めアイテムが今年っぽいきれいめコーデに1点投入すれば、トレンド感が纏えるはずです。

コメント: 黒石奈央子さん

使える小物の色は、黒&シルバー

小物の色は、「断然、黒が使いやすい」と黒石さんが話すように、黒アイテムを散りばめて。

同じく、使いやすくヘビロテしやすいのが、シルバーのアイテム。どんなコーデとも相性抜群で、1点投入するだけでもおしゃれ映えする、優秀カラー。

さあ、秋の準備は万端? これでもう、夏に取り残される心配はなし。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

supervised by

Ameri VINTAGE CEO
黒石 奈央子

大手アパレルブランドにてVMDとして活躍後、独立。ヴィンテージアイテムとオリジナルブランドを取り扱う「Ameri VINTAGE」を立ち上げる。
by.Sチャンネル「「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人」で水曜日(毎週)配信中!

Recommend