• 運命を変える眉メイクlesson

ちぐはぐ眉、ちっちゃい目…原因は"眉コリ"!? 女たちが「眉もみ」をすべき理由

2019.09.17

肩や首がこるように、眉周辺の筋肉もこることをご存じ?しかも、肩と比べて眉はこっていても気づきにくいため、こりを放置しがち。実は眉がこっていると、見た目に影響する不都合なことが起こりうるのだとか…。

そこで今回は、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんが眉のコリがもたらすデメリットと、コリをとる眉マッサージ方法を教えてもらった。

左右ちぐはぐ&目力ダウン…眉のコリを放置すると起こること

眉がこっている状態とは、眉付近の筋肉がガチガチにかたくなっている状態。そのまま放置すると眉付近の筋肉の動きが悪くなり、眉の高さに左右差が出てしまうこともあるのだとか。

また、眉付近の筋肉の動きが悪くなることで、まぶたも開きづらくなり、目が小さく見えてしまうことも…。

眉のコリは自分では気づきにくいので、週に1~2回はマッサージする習慣をつけるのがおすすめです。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉のコリを撃退!たった15秒でできちゃう「眉マッサージ」

眉マッサージはとてもシンプル。まず、親指と人差し指で眉を挟み、グッと圧迫する。

これを眉頭~眉尻に向かって3~4ヶ所程度ずらしながら行い、揉みほぐしていくだけ。これを一回3セット。玉村さんは夜のスキンケアを後に行っているのだそう。

ディスプレー画面や手もとばかりを見つめる、目を酷使する仕事のひとは特に知らないうちに眉がコリがち。眉のコリを解消してぱっちりとした目と美眉を手に入れて。

眉の左右差については、こちらの記事もチェックしてみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend