• 現場のスクショ話

「今年のスウェットは、ユニクロが超優秀」2千円以下とは思えない理想シルエットに驚き

2019.09.27

大人カジュアルの必携品となった、スウェット。今年はどんなコーデでたのしむ予定?

手頃な価格で美しいシルエットのカジュアルウェアが揃うと、ここ数年ユニクロユーが人気だけれど、今年はユニクロオリジナルのスウェットが名品なのだとか。by.S編集部が試着してわかったその魅力をご紹介。

今年のユニクロスウェットは、シルエットが名品

厚すぎず薄すぎないので、着てみると、ちょうどいい落ち感に。シャツなどをインするレイヤードもしやすそう。

ドロップショルダーやワイドスリーブでリラックス感のあるシルエットを表現。

クルーネックの幅や裾幅も太めで、メンズっぽさも◎。

肩〜腕の落ち感が可愛い!

出典: 編集部撮影

by.S編集長はホワイトのMサイズを自腹買い!

着丈は身長156cmの私で、おしりがすっぽり隠れるくらい。

適度なハリ感もありつつ厚すぎず薄すぎないためコートの中でもかさばらず、長く着られそうだなと。インナーも透けません。

肩〜腕の今っぽい落ち感に対して、首もとはちょっと立ち上がるぐらいしっかりしてる。そのギャップがだらしなく見えなくて、お気に入りポイント。

コーディネートも、カジュアルになり過ぎないようにちょっと緊張感のあるボトムやシューズを持ってきたり、タイトや細かめプリーツなどレディなシルエットのスカートと合わせたい。ホワイトのワントーンコーデもしたいです!

コメント: 編集長

毎年リリースされる定番アイテムも、トレンドを反映しながらマイナーチェンジを図っている模様。今年取り入れたい旬なシルエット、賢く投入してみて。

取材協力 ユニクロ

Channelバックナンバー

現場のスクショ話

配信日:土曜日(不定期)

by.S編集部が思わず現場でスクショした、いますぐ使える情報をお届け。

text : by.S編集部

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend