流行中ロンTが「なんか野暮ったくなる」理由。プロの私服に学ぶ、大人な着こなしテク

2019.11.14

流行中でもあるロンT。でも、アイテム自体のカジュアル指数が高いゆえ、おしゃれに着こなせない…、というひとは少なくないはず。そこで、自他共に認めるロンTラバーであるDIESELプレスの田中久子さん流の、大人っぽく着こなすコツをご紹介。

実際、わたしたち世代が使いやすいロンTってどんなもの?

使えるのはやっぱり「白」。オールマイティな無地もいいですが、ロゴ入りのデザインなら、レイヤードした時にちら見せするとアクセントになるのでおすすめです。サイズはオーバーサイズすぎず、ややゆるめなくらいが個人的に好みです。

コメント: 田中久子さん

プロの私服コーデに学ぶ、ロンTの大人着こなしテク

ロンTを着ると、そんなつもりはなくても手抜き感が出てしまう。それは、田中さんも同感みたい。

一枚で着るとなんとなく野暮ったくなる気がするので、何かと重ねてひと味つけるようにしています。

コメント: 田中久子さん

出典: 田中久子さん撮影

ロングTシャツ・デニム・バッグ/DIESEL、チュールトップス/ZARA、シューズ/
G.H.BASS

ロンTに透け感のあるトレンドのチュール素材のアイテムを重ねれば、今年っぽい仕上がりに。デニムに合わせてシンプルにまとめるのがポイント。インナーにロンTを着ることが多いという田中さんは、XSやSなどのジャストサイズを選ぶことが多いそう。

出典: 田中久子さん撮影

ロングTシャツ・デニム・バッグ・ブーツ/DIESEL、Tシャツ/ヴィンテージ

またTシャツラバーでもある田中さんは、ロンTの上に重ねることも。ワンランク上に見せるには、ロンTと同じ色味のTシャツをレイヤードしてワントーンに仕上げること。袖の切り替えが生まれていつもと違うシルエットとなり、愛着のあるTシャツも新鮮な印象に。

アラサーになってやめた「ロンTの着方」

長年のロンT収集家である田中さん。アラサーになり、20代の頃とは着こなしにも変化があったみたい。

20代前半の頃はゆるゆるのオーバーサイズのロンTを1枚で着ることが多かったですが、アラサーになり卒業。チュール系トップスやTシャツのほか、キャミワンピやゆるTなどのインナーに着て、ひと技効かせたい気分です(笑)。

コメント: 田中久子さん

THEストリートな着方を封印した田中さんの着こなしは、やっぱりわたしたちのお手本。デザインやシルエットなど、自分らしい一枚をぜひ見つけて。

取材協力/DIESELプレス 田中久子

text : 門上奈央

supervised by

DIESELプレス
田中 久子

DIESEL,DIESEL BLACK GOLDのショップスタイリストを経てプレスに抜擢。販売経験を活かした着まわし方やエッジの効いた女性らしいスタイルを紹介。

Recommend