街中に「チーク浮きがちの民」がたくさん…。自然に見える"ヘアメイクのこなれチーク技"

リップやアイメイクにはついつい気合いを入れたくなるけれど、チークは“なんとなく”でつけてる人も多いのでは?でもチークはつける部分が広いだけに、顔の印象を大きく左右する重要箇所。今回はヘアメイクアップアーティストの宮本由梨さんから、自然にみえるチークの入れ方を教えてもらった。

そのチークの入れ方、大丈夫?

宮本さんは、チークが浮いている人をよく街中で見かけるのだそう。目元や口元とのバランスがとれていなかったり、明らかにつけすぎていたり。感覚的に自分で気づけないこともあるので、ここは入れ方をきちんと理解しておきたいところ。

濃い色が悪いというわけではないんです!濃かったとしても、そこからきれいなグラデーションになっていたら可愛いし。とにかく重要なのは入れ方ですね。

コメント: 宮本由梨さん

チークの要はブラシ。正しい使い方は?

付属のチークブラシはサイズが小さくて形が平たいので、つけるとどうしてもになりがち。気をつけるポイントは、必ず1度手やティッシュでオフしてから少量ずつつけること。そして必ずブラシを寝かせてつける

ブラシを立ててしまうと一箇所だけ濃くなってしまいます。チークが浮いてしまわないように、ブラシは寝かせて使うように心がけましょう!

コメント: 宮本由梨さん

よりふわっと自然なチークを目指すなら、ブラシを購入するのがおすすめ。ブラシを買う場合はなるべく毛が柔らかいものを選んで。印象が大きく左右されるので、ブラシ選びも慎重に。

チークだけを見ず、顔全体のバランスを意識

パウダーでもクリームチークでも、全体のバランスを考えてつけることは重要。グラデーションは必ず内側から外側に向かって入れて。自然に色がつけられているかどうかは、正面だけでなく側面も鏡でチェック

外側が濃いと、顔が膨張して見えてしまうんです。中央に視線が集まるように内側が1番濃くなるように入れてあげましょう!

コメント: 宮本由梨さん

チークは意外と人から見られている箇所。適当に済まさず、ポイントを抑えたメイクを心がけて。

取材協力/ヘア・メイクアップアーティスト 宮本由梨

supervised by

ヘア・メイクアップアーティスト
宮本 由梨

ヘアメイクLila所属。"ジューシー"の愛称でモデル達から圧倒的な支持を得る。ファッションショーや雑誌などで活躍し、「#jucyメイク」でSNSでも注目される。

Recommend