• 現場のスクショ話

小嶋陽菜が30代になってやめたこと・残したこと。アイドル卒業後も“仕事上手”な理由

2019.11.07

小嶋陽菜さんは、国民的アイドルとして駆け抜けた20代を経て、30代をむかえた現在、タレント・モデルの“出る側”と、ブランドプロデュースなど“つくる側”を両立中。

「私服がおしゃれ」「仕事上手」と話題の彼女。そのセンスの秘密や、20代→30代の変化を紐解く。

「私服がおしゃれ」は、引き算ができるようになってから

出典: ©Japan Fashion Week Organization

現在、ファッションブランド「Her lip to」をプロデュースしている。コンセプトは「今着たい服」で、販売開始すると即完売してしまうという売れっぷりで、人気の秘密は、大人の可愛さを引き出してくれ、体のラインがきれいに見える美シルエット。

そんな人気ブランドを手がけ、SNSでも「私服がおしゃれ」と話題。センスの源が気になるところ。

AKB48の中にいたときは、フリルスカート、レースワンピースなど、女の子っぽい私服ばかり着ていました。

でも、20代前半の頃、一歩外に出て、ファッション業界の知人に会うと、もっと違っていて、シックで素敵だなって思ったんです。刺激を受けて、私も“引き算”を意識するようになりました

コメント: 小嶋陽菜さん

服を着たときに、甘すぎる雰囲気になったら、ヘアをウェットにしたり、ネイルはピンクやベージュじゃなくてブラウンにしたりして、調整しています

コメント: 小嶋陽菜さん

環境の変化や人脈が広がっていったことで刺激を受け、おしゃれのバランス感覚を身につけていった模様。

遊べる30代。「これだけって決めつけることをやめた」

出典: ©Japan Fashion Week Organization

着こなしのセンスが磨かれていくなかで、20代から30代になり、そのファッション性は広がっているという。

30代って、遊べる(挑戦できる)20代の感覚もまだあって、ファッションをいちばん楽しめるときだと思います。

ふだんは大人シックなファッションですが、昔よりも服に投資できるようになっているので、甘くしたい気分のときは、ハイブランドのうっとりするようなデザインでガーリーな服を着る、ミニ丈も合わせ方によっては着る、みたいに、挑戦できる幅が広がっています

コメント: 小嶋陽菜さん

ジャンルは特に決めずに、いろんなファッションに挑戦してみるようにしています。
「私はこのテイスト」「ほかは似合わないから着ない」とひとつにしぼってしまうと、そのイメージだけになっちゃうので。それだとつまらないと思っています

コメント: 小嶋陽菜さん

同世代アラサー女性は「もっと挑戦していいって思う」

出典: ©Japan Fashion Week Organization

同世代のアラサー女性からもSNSのコメントなどでファッションのお悩み相談や質問をよく寄せられるそう。

「私は低身長だからロングスカートは似合わない」「細く見える服こそが正義」など決めつけてしまっているひとが多いなと。もっと挑戦していいと思います!

低身長さんでよく見かけるミニ丈にサンダルに靴下、みたいなコーデよりも、いっそロング丈に厚底シューズでバランスをとるコーデのほうが、こなれた感じをだせると思う。

またトレンドのルーズな服だったら、ヘアはピタっとまとめてメリハリをつけたり、とがった靴をはいてバランスをとったりすれば素敵に見えると思います

コメント: 小嶋陽菜さん

その日会う人や場所によってスタイリングを変えているという小嶋さん。スタイルが良く見える女っぽいコーデを得意としながら、ときにはあえてはずしてファッションっぽく。

わたしたちも、自分の良さや見え方を理解して、調整できるバランス感覚を覚えたいもの。

「自分は何を取り入れたらもっと面白がってもらえるか」

30代になってからは仕事観も変わってきたそう。

20代はとにかく働いていました。与えられたものに「ちゃんと返そう!」って思いながら。今思うと受け身寄りだったのかなと思います。

30代は自分の時間を持てるように。20代の経験があるからこそスキルがあるし、選択肢が広がり、人脈も増えました。

自分は何を取り入れたらもっと面白がってもらえるか、どんなスキル、ひととの付き合いが必要かを考えて、能動的に動けるようになっている
と思います

コメント: 小嶋陽菜さん

今は、オンもオフも関係なくずっと仕事している感じ。私って、すごい体力あるんですよ。旅行にいって友達は疲れていても私だけもっと動ける、みたいな(笑)。

最近では「VLOG」という動画ブログもYouTubeにアップしていて、プライベートの私も発信しているので見てもらえたら嬉しいです

コメント: 小嶋陽菜さん

出典 YouTube

出典 YouTube

自分の見せ方も熟知し、発信上手、と根っからのプロデューサー気質を発揮中。これからも魅力的な大人の女性として進化し続ける“こじはる”から目が離せない!

取材協力 Her lip to

Channelバックナンバー

現場のスクショ話

配信日:土曜日(不定期)

by.S編集部が思わず現場でスクショした、いますぐ使える情報をお届け。

text : by.S編集部

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend