• 真夜中のパウダールーム2

【#3】引かれずにおねだり…♥ 彼も思わず欲情してしまう“ベッドイン”の誘いかた

ようこそ、"真夜中のパウダールーム"へ。ここは、秘密を持った女たちが真夜中にそっと訪れる特別な場所。
恋する全ての女性にby.S×ラブライフアドバイザーのOliviA氏が捧ぐ、愛とSEXを紐解く時間。“真夜中のパウダールーム”の続編となる本連載。その名も“真夜中のパウダールーム 2”

第3回目の今夜は「引かれずに彼を興奮させる ベッドインの誘いかた」についてご紹介。

積極的だけどいやらしくない。大人ならではのエロティックなおねだりで、彼の心も体も刺激して。

彼が思わず欲情してしまう“ベッドイン”の誘いかた

SEXは男女の大切なコミュニケーション。けれど、女性から「したい」なんて言ったら彼に引かれてしまうかも…?
それなら言葉ではなく、仕草や行動でスマートに誘うのが大人の女性のマナー。

1. 2人だけの秘密の合図「あとで仲良しする?」

男性からにしても女性からにしても、「SEXする?」という誘いかたは、直接的すぎてあまり好ましくないもの。そんなときは、2人だけの隠語を決めてみて。会話のなかに自然と誘い文句を織り交ぜることができるようになれば、セクシュアル・コミュニケーションも捗るはず。

カップルであってもSEXをしたい気分かどうかは、その日の気分や体調で変わるもの。「恋人だからいつでもOK」「男性は性欲が強いからいつでもしたいだろう」と思い込まずに、毎回気持ちを確認しましょう。

理想的なのは、2人ならではのSEXの誘いかたを決めておくこと。例えば、SEXを他の言葉に言い換えてみましょう。「仲良し」「ラブラブ」など直接的な言葉じゃなくて、「筋トレ」「脳トレ」「読書」など何でもいいのですが、口にしやすい単語をSEXの隠語に。「今日、読書する?」「後で筋トレする?」と言い換えれば、「SEXする?」と聞くよりも2人の秘め事感が出ますし、ラインや何気ない会話での合図として使えます。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

2. あえての“沈黙”。それから、彼の眼をじっと見つめる

ムードを変えるために、あえて“沈黙”をつくるのも1つの手。彼が無言のサインに気づいたら、じっと見つめてアピールを。

自分の部屋に招き入れるのなら、ソファーやベッドに腰掛け、リラックスした雰囲気で2人の距離を縮めていきましょう。体温を感じられるように彼の隣に腰掛け、そっと寄り添い、あなたの肌のぬくもりや息遣い、シャンプーや香水の香りを五感で感じてもらいます。

楽しくおしゃべりしているだけだと、SEXへの流れを作るのが難しいので、会話のなかに間をとることが重要。会話の途切れめに“沈黙”を作り、言葉を発さずに、雰囲気を変えて。ここからは目で会話するようなつもりで、寝室やベッドに目を配らせて、SEXへと誘いましょう。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

3. 彼もとろとろ。膝枕に誘ったら髪の毛をなでなで

ベッドの上まできたらあとは彼まかせ、なんて考えてない? 実は、女性からも誘いやすい膝枕は男性からも人気のスキンシップ。太ももをポンポンと叩いて彼をあなたの上へ誘導したら、やさしい手つきで髪の毛をなでなで。安心感で彼の身も心もとろとろに。

ベッドの上まできたら、あとはボディランゲージ。ダイレクトに乳首や男性器など性感帯に手を伸ばすと直接的すぎるので、おすすめなのは、普段触られない場所を丁寧に撫でること。

例えば、ベッドにあなたが腰掛け、太ももをポンポンと叩いて、「ここにきて(心の声)」と膝枕に誘います。私が教えているマッサージのなかでも、膝枕で行うヘッドマッサージは男性一番人気のスキンシップ。あなたの膝枕で安心感を感じさせながら、愛おしそうに髪の毛を撫でてみてください。彼の心はとろけていくでしょう。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

4. とびきりセクシーなランジェリーで一言「脱がせて」

身につけているものを「脱がせてもらう」行為は、お互いの高揚感を高める絶好のチャンス。セクシーなランジェリーも、暗闇のなかで手探りで脱がされる前に「脱がせて」とおねだりを。徐々に露わになるあなたの素肌に、彼の気持ちも知らぬ間に最高潮へ。

映画のワンシーンのようですが、後ろファスナーのワンピースを身につけている時は、彼にクルッと背中を向けて、「ファスナー下ろして」とお願いしてみましょう。他にも手袋、コートなど、身につけているものを「脱がせてもらう」のは、SEXへの誘いになります。一枚ずつ洋服が脱がされ、薄着になっていくことで気持ちも徐々に高まっていくでしょう。

シャワーを浴びる前に下着やストッキングを脱がされるのは、ニオイが気になるかもしれませんが、お風呂上がりに身につけたお気に入りのランジェリーやルームウエアを「脱がせて」とリクエストするならできそうですよね?選んだランジェリーも暗闇の中で手探りで脱がされたり、シャワーを浴びるタイミングで自分で脱いでしまうと彼の目に留まるチャンスがなくなってしまいます。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

◆余韻をアピール。エッチの後にトドメの一言「またしたくなっちゃう」

素敵な時間を過ごせたら、その思いをしっかりと彼に伝えることも大切。その場で言うのが恥ずかしいのなら、帰ってからラインで「今日もありがとう」「気持ちよかった」とメッセージをいれてみて。彼の脳裏に焼き付けられたあなたの記憶が蘇り、次のデートまでの気持ちを高めてくれるかも。

とてもいいSEXができたなぁと思ったなら、デートの帰り道に「バイバイしたばかりだけど、思い出したら、またしたくなっちゃった」と余韻をアピールするのも、次のデートまでの会えない時間にも期待感を持たせることができます。

意外なところでは、「(気持ちよくしてくれて)ありがとう」と感謝の言葉がいいという男性の声もありました。確かに、感謝される行為は喜んで繰り返したくなりますよね。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

いかがでしたか?

今回は、「引かれずに彼を興奮させるベッドインの誘いかた」についてご紹介しました。

by.Sの続編連載『真夜中のパウダールーム2』では、今後も大人の女性の恋愛やSEXについてさまざまな切り口で取り上げていく予定。訪れるたびにあなたの恋愛力がさらに磨かれるはず。

それでは。また、お会いしましょう。

今回 監修していただいた、ラブライフアドバイザーOliviA氏は、ラブ・コミュニケーションを深めるレッスンを開催中。オフィシャルサイトもぜひチェックしてみて。

Channelバックナンバー

真夜中のパウダールーム2

配信日:金曜日(毎週)

恋する全ての女性に向けてby.Sが捧げる、愛とSEXの秘技集。

text : yui

Recommend