• 真夜中のパウダールーム2

【#6】ベッドでの演技は必要ナシ。あなたを絶頂へ誘う“〇〇”で感じやすいカラダへ

2020.01.03

ようこそ、"真夜中のパウダールーム"へ。ここは、秘密を持った女たちが真夜中にそっと訪れる特別な場所。

恋する全ての女性にby.S×ラブライフアドバイザーのOliviA氏が捧ぐ、愛とSEXを紐解く時間。“真夜中のパウダールーム”の続編となる本連載。その名も“真夜中のパウダールーム 2”。

第6回目の今夜は「感じやすいカラダを作る“セルフプレジャー”」についてご紹介。


感じやすいカラダになれば、SEXがもっと楽しくなるはず。
ベッドでの演技はもうおしまいにしましょう?

演技はもう必要ナシ。感じやすいカラダになるための近道

「前の彼とのSEXでは快感を得られていたのに、いまの彼とは…」「SEXを気持ちいいと思ったことがない」など、オーガズムや快感にまつわる悩みは、彼との相性にあると思いがち。

彼にあなたを知ってもらうのはもちろんだけれど、あなた自身も自分のカラダと向き合ってみては。正しいセルフプレジャーが、快感へと導いてくれるかも。

✓欲望に向き合い、それを追求するセルフプレジャー

2人で行うSEXは、快感を得るための共同作業。相手の経験や愛撫のテクニック、コミュニケーションの円滑さで快感が左右されてしまうのは仕方ないもの。だけど、あなた自身が自分のカラダと向き合うことで、もっとSEXが楽しくなるって知ってた?

感じやすいカラダになるための近道は、カラダの仕組みを知り、欲望に向き合うこと。それを追求するのがセルフプレジャーです。

セルフプレジャーは、気持ちよいSEXをするための自主練。感じやすいカラダになるためのセルフプレジャーをしているか、必ず確認しています。スポーツに例えて説明することが多いのですが、「素振り練習(セルフプレジャー)もせずに、テニスの試合(SEX)に出てもいいプレイができないですよね?気持ちいいSEXをしたいなら、セルフケアやセルフトレーニングも大切なんですよ」と問いかけます。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

✓彼には触られていない部位を触る…性感帯の開発

セルフプレジャーの第一歩は、自分のカラダを知るところから。デリケートゾーンを観察しながらゆっくりと触ってみて。どこが気持ち良いのか、どんな触り方に興奮するのかが分かれば、彼に「どこが気持ち良いの?」と聞かれたときにも伝えやすいはず。

セルフプレジャーと言っても、ただやみくもに性感帯を触るのではなく、心とカラダの両方を満たすために、まずは自己観察から始めましょう。バスタイムにデリケートゾーンを洗うときに、デリケートゾーン用ソープを使い、指でやさしく丁寧にマッサージするように洗います。

抵抗感がなければ、手鏡を使い、自分のデリケートゾーンを観察しながら触ってみましょう。どこをどういう風に触ると気持ちよいのか探ってみます。彼に愛撫されているのを想像しながらクリトリスをマッサージしてみてもいいし、彼には触られていない部位を触ってみたり、自分好みの触り方を発見するのもいいですね。

アンダーヘアの生え方や性器の形状、肌の状態など、自分はどんな特徴があるのかコンディションを把握しておくことはカラダの異変に早く気づけるので、健康管理にもつながります。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

✓セクシュアル・ファンタジー探し

カラダのことを理解できたら、心にフォーカスを。自分のセクシュアル・ファンタジー(性的空想)の好みを把握しておくことが、気持ちが高ぶらない日の救世主にも。

自分のカラダを見たり、触れたりすることに慣れてきたら、今度は、心にフォーカスしていきます。セクシュアル・ファンタジー探しです。「どんなHが好きなのか?」「どんなシチュエーションに興奮するのか?」自分の欲望を探求するのもセルフプレジャーには大事なことです。映画、漫画、AV、小説など、なんでもいいので、自分が好きなセクシュアル・ファンタジー(性的空想)を探してみましょう。

自分のセクシュアル・ファンタジーの好みを把握しておくと、セルフプレジャーが楽しくなるだけでなく、彼とので気持ちが高ぶらない時にも好きなファンタジーを脳内に思い描いたり、実際に彼とのSEXに取り入れることで、マンネリ解消につながります。「どんな時にムラムラするのか?」性欲のバイオリズムを把握しておくのもいいですね。月経周期を管理するアプリに、ムラムラした日や思い浮かべたセクシュアル・ファンタジーをメモしておくと、カラダと心の繋がりに新発見があるはずです。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

運動能力や筋力とSEXライフの関係性

ほかにも筋トレやストレッチで、筋力を鍛えたり、柔軟性を高めることがオーガズムの鍵に。SEXに集中できる環境を自分自身で作り出すことも、快感への近道なのかも。

快感を得るためには、ある程度の筋力と柔軟性は必要だと思います。とくに、脚や膣まわりの筋肉と柔軟性は、ダイレクトに快感に結びつきます。

例えば、運動不足で筋力がない女性は、「自分が上になって動かないといけない騎乗位は疲れるから苦手」と言いますし、股関節が硬い女性は、「正常位で急に脚を広げられると、股関節がきしむように痛い」と言います。痛みや体力不足を感じると、そちらに気を取られて快感に没頭できなくなります。筋トレやストレッチで鍛えることで、「性欲がアップして、SEXに積極的になった」というメンタル面の変化を感じる女性もいます。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

いかがでしたか?

今回は、「感じやすいカラダを作るセルフプレジャー」についてご紹介しました。

by.Sの続編連載『真夜中のパウダールーム2』では、今後も大人の女性の恋愛やSEXについてさまざまな切り口で取り上げていく予定。訪れるたびにあなたの恋愛力がさらに磨かれるはず。

それでは。また、お会いしましょう。

今回 監修していただいた、ラブライフアドバイザーOliviA氏は、ラブ・コミュニケーションを深めるレッスンを開催中。オフィシャルサイトもぜひチェックしてみて。

Channelバックナンバー

真夜中のパウダールーム2

配信日:金曜日(毎週)

恋する全ての女性に向けてby.Sが捧げる、愛とSEXの秘技集。

text : yui

supervised by

ラブライフアドバイザー
OliviA(オリビア)

性生活の総合アドバイザー。ラブライフ向上のためのサロンやスクール運営を行う。懇切丁寧なアドバイスが好評で20~50代まで幅広い層の女性から支持されている。
by.Sチャンネル「真夜中のパウダールーム2」で金曜日(毎週)配信中!

Recommend