• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

“超普通”になりがち…トップ・ボトムで完結「ワンツーコーデ」、センスのいい人はココが違う

「トップ+ボトム」上下1点ずつの、なぜか平凡で地味になってしまいがちなワンツーコーデ。さらっと“大人シンプル”にキマる、憧れのセンスの持ち主のようにならないのは、どうして? コーデの達人、Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんが意識していることとは。

違いは、トップスのサイズ感

たとえばTシャツ。これまでは「コンパクトなTシャツを選んでいた」という黒石さん。でもいま、“Tシャツ+パンツ”でおしゃれなトレンドコーデを実現するとき、ビッグTシャツを選んでいるそう。

トレンドコーデを実現するには、ビッグシルエットを選ぶことが重要です。手が隠れるほどだぼっとした袖の長さに、ストリート系ブランドのメンズアイテムのようなシルエット。それくらいのサイズ感くらいがちょうどいいですね。

コメント: 黒石奈央子さん

AMERIの今季アイテムも、メンズのMサイズで作っているんだとか。昨年に引き続き、ビッグシルエットこそ“大人シンプル”が叶いそう。

プラスする小物は、ハーネスがお好き

シンプル…というか、地味になりがちなワンツーコーデ。だからこそ、遊ぶ心をプラスしたい。そんなとき、ハーネスを大活躍させたい。

ハーネスをつけて小物で遊ぶのはアリですね。シンプルコーデならではのワンテクです。

コメント: 黒石奈央子さん

ヘアで、コーデのトータルバランスを整えて

ロンT一枚なら首もとがすっきりしているから、ヘアはおろしてもまとめても、どちらでもいいと思います。アウターを着る際にはまとめたほうがすっきりキマりますね。

コメント: 黒石奈央子さん

いまの季節レギュラーになる、“スウェット+パンツ”“ニット+パンツ”などのワンツーコーデも、首もとのデザインに応じてヘアスタイルを決めたいところ。

一方で、首もとのつまりが気になるひとは。

特にロングヘアさんは、まとめ髪がおすすめ。縛っているほうが、小顔のスタイルアップ効果があります。

コメント: 黒石奈央子さん

“ワン・ツー”のシンプルだからこそ、全身に意識を払っておきたい。それが、大人の最低限のたしなみなのかも。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

supervised by

Ameri VINTAGE CEO
黒石 奈央子

大手アパレルブランドにてVMDとして活躍後、独立。ヴィンテージアイテムとオリジナルブランドを取り扱う「Ameri VINTAGE」を立ち上げる。
by.Sチャンネル「「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人」で水曜日(毎週)配信中!

Recommend