• やまとなでしこビューティー計画。

冬の地味色コーデでも垢抜けて見えるコツ。メイクさん直伝、黒や茶色の服のときのメイクとは

冬の寒い時は、黒や茶色の色合いのコーデを着たくなる季節。少し地味な印象を与えがちな色味の洋服を着た時に、洗練されて垢抜けて見えるコツを、プロのメイクアップアーティストの本岡明浩さんから伝授!

黒コーデのときにメイクで気をつけること

黒の洋服でコーデするとき、メイクに色を使って華やかに見せるのは素人がやりがちなメイク。例えば、白のアイラインで「オシャレです!」感をだしたり、目もとをギラギラさせるのは、黒コーデのときには実は避けたいテクニック。

洋服を黒でまとめるとき、目もとをバッチリときめないで、陰影を入れるくらいで、目もとは抜いて、逆にリップで色入れるのが、本岡さんのおすすめ。

リップは、バーガンディなど深めの色をチョイスして、品のある印象を。そうするとデートメイクにも使えるそう。リップの質感はギラギラしていない、マット系のリップを選んで。そうすると、かっこいい黒コーデができあがる。

出典: 本岡さん私物

Fenty Beauty
MATTEMOISELLE PLUSH MATTE LIPSTICK
SHAWTY $18

おすすめのアイテムは、Fenty BeautyのMattemoiselle Plush Matte LipstickのShawty。本岡さん、秋冬の撮影のときによく使うそう。暖かみのある茶色は、使うと「かわいい」と評判なんだとか。

ブラウンコーデのときは、あえてワントーンでおしゃれに仕上げる

出典: ライター撮影

M・A・C
スモール アイシャドウ
¥2,750(税込)
左上から
ウェッジ、エスプレッソ、オメガ、チャコール ブラウン、コルク

ブラウン系の洋服のとき、メイクと洋服の色味をあえて揃えてワントーンっぽく仕上げるのが本岡さん流。

マットなブラウン系のアイシャドウを囲むように入れて、目もとのふくらみの部分に少しハイライトを入れる。リップは赤みのあるブラウン系のリップを。ツヤツヤしすぎないようにするのが、大人っぽくて余裕のあるメイクのコツ。

出典: ライター撮影

上から
ウェッジ
エスプレッソ
オメガ
チャコール ブラウン
コルク

おすすめのアイテムは、M・A・Cのスモール アイシャドウのブラウン系の、ウエッジ、
エスプレッソ、オメガ、チャコールブラウン、そしてコルクの5色。

オシャレに差が出る冬のコーデ。トレンドを取り入れて、お洒落にメイクしたつもりでも、実は逆効果なことも多々ありそう。そんな時には、プロのメイクテクを取り入れた垢抜け顔で、本当のオシャレさんに近づこう!

お問い合わせ先
M・A・C(メイクアップ アート コスメティックス)
☎︎: 0570-003-770
WWW.MACCOSMETICS.JP

取材協力/ ヘア・メイクアップアーティスト 本岡明浩さん

本岡さんInstagram

Channelバックナンバー

やまとなでしこビューティー計画。

配信日:金曜日(隔週)

「凛として芯のある、上品な女性」になる方法をレクチャー。

text : Keiko Kasuga

supervised by

ヘア・メイクアップアーティスト
本岡 明浩

ヘア・メイクアップアーティストKOSHINOに3年間師事し、独立後は女優、雑誌、広告のヘアメイクを担当。「凜として自信と品がある女性を増やす」を信条に活動中。
by.Sチャンネル「やまとなでしこビューティー計画。」で金曜日(隔週)配信中!

Recommend