• やまとなでしこビューティー計画。

よく間違えがちな”目を小さくする行動”。アイライナーを引くときにプロがしているコツとは

2020.02.23

パッチリとした大きな目にしたくて、アイラインをくっきりと引いている人も多いのでは。もしかすると、そのラインの引き方は逆効果かも。ナチュラルメイクの時に大きな目に見せたいときにおすすめの、ちょっとした引き方のコツをプロのヘアメイクアップアーティスト、本岡明浩さんに聞いてみた。

二重の幅を狭めるだけのくっきりアイラインはNG?!

アイラインを引くときに、やってしまいがちなのがくっきりとラインを引くこと。でも本岡さん曰く、ナチュラルメイクの時にくっきりと線がわかるほど綺麗に引いてしまうと、実は目を小さく見せてしまうんだとか。目が実際の大きさよりも小さく見えてしまっては、もったいない…。

ポイントは、アイラインを引いたら、ラインの境目を必ずぼかすようにすること。

ナチュラルメイクでは、ラインを引くときには、ぼかすことを考えて、ラインを細めに引く。ラインの境目がわからなくなるように、馴染ませる感じで。そうすると、ぐんと目が大きく見えるようになる。

本岡さんおすすめのアイライナーはジェルタイプ

出典: ライター撮影

ボビイ ブラウン
ロングウェア ジェルアイライナー
02 セピアインク ¥3,100(税抜)

出典: ライター撮影

シャネル
カリグラフィー ドゥ シャネル
#65 ハイパー ブラック ¥4,000(税抜)

出典: ライター撮影

左:シャネル カリグラフィー ドゥ シャネル
右:ボビイ ブラウン ロングウエア ジェルアイライナー

本岡さんが長年使っているおすすめのアイテムは、ぼかすのも簡単にできるジェルタイプ

ボビイブラウンのロングウエアジェルアイライナーのセピアインクとシャネルのカリグラフィードゥシャネルのハイパーブラックは、特におすすめなのだそう。

ジェルだから、アイライナー初心者さんでも引きやすく、そして柔らかく自然な仕上がりに

プロも感心する、周りの人と差がつくアイラインって?

本岡さんが、「ああ、このひとおしゃれだな」とふと思うのが、カラーをさり気なく取り入れているメイクをしている人。

でも、カラーメイクって難しそう…。

例えば、コツは急なカラフルを求めるのではなく、マスカラをモスグリーンにしたり、アイラインをバーガンディにしたり。

また、黒や茶色以外のアイライナーを日常的に取り入れるときも、やはり線は細めに引いて、ぼかすのがコツ。そうすると、色が浮かずに自然に見えて、普段メイクにも取り入れやすい。

白目を綺麗に見せてくれるのは、この色!

特に、おすすめは、パープルのアイライナー。パープルをインラインを入れることで、色の効果で白目が綺麗に見えるんだそう。

実はアイメイクにおいて、ほんの少しのコツを知っていれば、ナチュラルメイクでも大きな目にしたり、瞳を綺麗に見せることがメイクで叶えられる。これからも本岡さんがモデルさんたちに使っているプロの技をチェックして、これまでより印象的な目を手に入れて!

お問い合わせ先
ボビイ ブラウン
☎︎: 0570-003-770
HP: http://www.bobbibrown.jp

シャネル カスタマーケア
☎︎: 0120-525-519
HP: chanel.com

取材協力 ヘアメイクアップアーティスト 本岡 明浩さん


本岡さんInstagram 

Channelバックナンバー

やまとなでしこビューティー計画。

配信日:金曜日(隔週)

「凛として芯のある、上品な女性」になる方法をレクチャー。

text : Keiko Kasuga

supervised by

ヘア・メイクアップアーティスト
本岡 明浩

ヘア・メイクアップアーティストKOSHINOに3年間師事し、独立後は女優、雑誌、広告のヘアメイクを担当。「凜として自信と品がある女性を増やす」を信条に活動中。
by.Sチャンネル「やまとなでしこビューティー計画。」で金曜日(隔週)配信中!

Recommend