• 真夜中のパウダールーム2

【#11】ホットドッグのように挟んで・・。「お尻」で愛する"ペルヴィス愛撫"とは

2020.02.07

ようこそ、"真夜中のパウダールーム"へ。ここは、秘密を持った女たちが真夜中にそっと訪れる特別な場所。

恋する全ての女性にby.S×ラブライフアドバイザーのOliviA氏が捧ぐ、愛とSEXを紐解く時間。“真夜中のパウダールーム”の続編となる本連載。その名も“真夜中のパウダールーム 2”。

第11回目の今夜は「マンネリ彼を悶絶させる“愛撫(攻めかた)”」をご紹介。


愛する方法は、手や口だけだと思っていない?
あなたの全身をフル活用して、彼をさらなる快感へ導いてあげましょう。

ウエストのくびれ、おしりの丸み、太もも…「密着技」でマンネリ彼を悩殺

✓4点同時密着愛撫

男性の本能をくすぐるのは、女性ならではの丸みを帯びた体つき。バスト、ヒップの丸みはもちろん、ウエストのくびれや太ももの肉感など、全身を武器にして彼のことを愛してみて。いつも以上に密着することであなたからの愛も彼に伝わりやすくなるかも。

男性が癒される愛撫は、密着技。女性特有の体の部位を最大限に使っての愛撫は、自分の体とは違う異性の魅力を感じます。

例えば、愛撫をするときに、仰向けに寝た彼に寄り添うように横たわります。彼に片脚をのせるようにあなたの太ももの内側を彼のペニス近くに密着させます。このポジションを取ることで、柔らかさや肉感を彼に味わわせながら、空いた手で乳首やペニスの愛撫が行えます。

バスト・お腹・太もも・手を使った4点同時密着愛撫が可能です。触れられている面積が大きいので、安心感と満足感がある愛撫スタイルです。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

✓ヒップスライド愛撫とペルヴィス愛撫

お尻フェチの彼には、「ヒップスライド」や「ペルヴィススライド」と呼ばれる擬似挿入感を感じられるテクニックを。女性のくびれやお尻を存分に鑑賞できる体勢なので、彼の視覚的興奮度もMAXに。

お尻の割れ目に男性器を挟んで刺激する「ヒップスライド」と「ペルヴィス(骨盤)スライド」は、素股(すまた)と呼ばれる疑似挿入感を体感できる愛撫テクニックです。

ベッドやソファに彼に座ってもらい、あなたの背中を彼に向けるように彼の上に腰掛けます。お尻の割れ目の溝に彼のペニスを縦に挟むようにセット。沿わせかたは、ホットドッグをイメージしてみてください。

骨盤を前後にスライドさせながらペニスの裏筋をなぞるように摩擦刺激します。このときに、潤滑ゼリーなどヌルヌルさせる潤滑剤をつけると快感度アップ。

滑りがよくなりすぎて勢いがつくと、誤って膣に挿入してしまうこともあるので、注意しながらゆったりとした動きで刺激をしてみましょう。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

まるで“宝探し”でもするかのように、彼の性感帯を探して

✓体の裏側は性感帯の宝庫

SEXの前戯では、唇・胸・性器と体の表面だけを愛撫することが多い。けれど、実は性感帯は体の裏側にも潜んでいるってご存知? 彼自身も知らないはじめての快感を発掘すれば、きっと彼はあなたから離れられなくなるはず。

私たちの体は、性器以外にも感じる場所がたくさんあります。見落としがちなのが、体の裏側にある性感帯。いつもと違った手順で攻めたいなら、彼に「うつぶせになって」と伝えて、背中側から攻めてみましょう。

体の裏面でまず愛撫して欲しいのは、首の後ろからお尻の割れ目にかけての背骨部分。お尻の割れ目のあたりにある尾てい骨とその上に続いて付いている仙骨は、やさしく触れるとゾクゾクと鳥肌が立つように感じる性感帯です。

お尻の割れ目から首の後ろに向かって、だんだんと上に上がるように、唇の表面をそっと彼の肌に触れるようにキスしてみてください。初めて体感するゾクゾク感に腰を浮かせて感じる男性も出てくるはず。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

✓リンパ節を刺激

ほかにもリンパ節のあるところや骨の上、体の凸凹がある部分は、感じやすい部位。くすぐったいを通り越した気持ち良さに気づけたら、ふたりのSEXがさらに楽しいものに。

「リンパ節のあるところ」「骨の上」「体の凹凸部分」は、感じやすいところ。リンパ節のあるところは、耳の後ろ、鎖骨のくぼみ、わきの下、そけい部(脚の付け根)、膝の裏側など。

骨の上は、鎖骨、腰骨、肩甲骨のエッジ、首の後ろから尾てい骨までの背骨、くるぶしなど。体の表面と裏面の境目にあたる洋服の縫い目部分の脇腹も感じやすい場所。

普段は、くすぐったく感じる場所もありますが、興奮してくると「くすぐった気持ちいい」という感覚に変化していきます。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

✓くるぶしと指の水かきもお忘れなく

実は、くるぶしと指の水かき部分は女性でも夢中になってしまうひとが多い性感帯。宝探しのような感覚で、互いの気持ち良いところを探すことで、信頼関係もより深く。体だけではなく心も満たされるSEXを堪能してみては?

やみつきになるひとが続出する性感帯は「くるぶし」と「指の水かき部分」。ある程度快感が高まったところで、くるぶしをそっと撫でてみたり、指のあいだにある水かき部分をペロッと舐めてみると、膣がキュウッと閉まるような快感を感じるかたもいます。

性感帯は個人差があるので、自分の彼は、どこが感じるのか、宝探しをするような気持ちで楽しみながら感じる場所を探してみてくださいね。「今度は、私にもしてみて」と男女交代で行うのもいいですね。

コメント: ラブライフアドバイザーOliviA氏

いかがでしたか?

今回は、「マンネリ彼を悶絶させる“愛撫(攻めかた)”」についてご紹介しました。

by.Sの続編連載『真夜中のパウダールーム2』では、今後も大人の女性の恋愛やSEXについてさまざまな切り口で取り上げていく予定。訪れるたびにあなたの恋愛力がさらに磨かれるはず。

それでは。また、お会いしましょう。

今回 監修していただいた、ラブライフアドバイザーOliviA氏は、ラブ・コミュニケーションを深めるレッスンを開催中。オフィシャルサイトもぜひチェックしてみて。

Channelバックナンバー

真夜中のパウダールーム2

配信日:金曜日(毎週)

恋する全ての女性に向けてby.Sが捧げる、愛とSEXの秘技集。

text : yui

supervised by

ラブライフアドバイザー
OliviA(オリビア)

性生活の総合アドバイザー。ラブライフ向上のためのサロンやスクール運営を行う。懇切丁寧なアドバイスが好評で20~50代まで幅広い層の女性から支持されている。
by.Sチャンネル「真夜中のパウダールーム2」で金曜日(毎週)配信中!

Recommend