• 「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

センスのいいひと談「今年はタイツより、靴下」。2020冬・足もとチョイスのOK/NG

2020.02.12

完璧コーデをしたつもりでも、手を抜くと途端にこダサくなってしまうのが、靴下のチョイス。おしゃれなひとの足もとから学ぶ、靴下づかいのコツとは? Ameri VINTAGEの黒石奈央子さんに教えてもらった。

この冬はタイツの気分じゃない

今年は靴下ばかり履いています。

コメント: 黒石奈央子さん

そう話す黒石さんのクローゼットには現在、白、ブラウン、ベージュなどの定番カラーの靴下が、何足も待機中。

靴下は、その日のトータルコーデを決めてから、一番最後に選んでいます。ブラウンの服を着ていたらブラウンで…など、その日のアイテムにある色に合わせたほうがいいですね。

コメント: 黒石奈央子さん

素材はさらりとしたスムース素材丈感はくるぶし上くらいのアイテムが、バランスよし。さらに黒石さんは、防寒対策としてヒートテックレギンスを併用している。

3大NG靴下は、リブ・長すぎ・ミックスカラー

こださ見えしがちなNG靴下の特徴は、3つ。

リブ感のある素材や、丈感が長い靴下は、わたしは履きません。また、白をベースにしたミックスカラーの靴下は、おじさんぽいので避けたほうがいいかと思います。

コメント: 黒石奈央子さん

同時に気をつけたいのは、色選び。あくまでトータルコーデに馴染むことが最終目標。だから、その日の服の色と合わない色は、避けておきたいところ。

2020年の推しは、網タイツ!

昨年はカラータイツ推しだった黒石さんだけど、今年はアイテムを刷新。今のお気に入りは、花柄の網タイツなんだとか。

黒い花柄の網タイツを、パンツの下に履いています。足の甲から透けた素足がチラリと見えるように、抜け感を意識しています。

コメント: 黒石奈央子さん

キーワードは、スムース素材の靴下と、網タイツ。大人たるもの、足もとまでぬかりなく。

取材協力/Ameri VINTAGE CEO/ディレクター 黒石奈央子

Channelバックナンバー

「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人

配信日:水曜日(毎週)

永遠の体型コンプレックスを、ファッションで解決。

text : 有山千春

supervised by

Ameri VINTAGE CEO
黒石 奈央子

大手アパレルブランドにてVMDとして活躍後、独立。ヴィンテージアイテムとオリジナルブランドを取り扱う「Ameri VINTAGE」を立ち上げる。
by.Sチャンネル「「着たい」が「似合う」になる、スタイル美人」で水曜日(毎週)配信中!

Recommend