• ミューズたちの戦闘服

一度も企業に勤めず、海外で好きを仕事に。美人クリエイターの華麗なる暮らし【#1】

人生に寄り添い、そのときの環境や感情をもあらわにする洋服。世のあこがれのポジションを手に入れた美女たちは一体何をまとうのか?

新連載「ミューズ達の戦闘服」では、そんな彼女達の“戦闘服”から、華麗なる暮らしぶりやストーリーのある人生を垣間見ることで、人生を強く美しく生き抜いていくヒントをお届け。

第一回のミューズは、人気クリエイター&ファウンダーとして活躍する、Natsu Roseさん。華々しい海外生活を送りながら、自身のブランドを手がけるおしゃれ感度MAXなクリエイターの“戦闘服”とは一体どのようなものなのか。

拠点は「南フランス」や「バリ島」。おしゃれバカンスのような働き方に行く着くまで

フォロワー数8万人を超えるインスタグラムでは、あるときは壮大な大自然の神秘に包まれ、またあるときはお城のような空間での生活と、ミステリアスなライフスタイルを披露。

「住んでいるところは、謎ですよね。笑」そうNatsuさんが話す暮らしぶりは、月単位で1つの国に滞在し、去年は東京を拠点に6~7カ国で生活というとても華やかに見えるもの。

そんな誰もが羨む、好きな国を自由に行き交うスタイルを叶えるまでに至った道のりを紐解く。

作ることが大好きな子どもだったけど、なんとなく周りと同じように普通の大学の国際系コースに進学。しかしやっぱりクリエイティブなことがしたいと、卒業後は就職せず1年アルバイト生活をして、ロンドンの芸大へ進んだのだそう。

「一度も企業に勤めたことはないけど、物は売れた」

ロンドンで暮らしていた頃、ブログでハンドメイド雑貨を売り始めたことをきっかけにファンが増え、企業とコラボレーションをするまでに発展。自身のブランドCANDY by Natsuを立ち上げることとなる。

私の特技は、みんながまだその価値に気づいてもいないような、いいモノやアイディアに気づく力だと思います。自分が単純にいいと感じてやりはじめたことが、たいてい後から流行るんです。

今みんながいいと言っているものだけが価値のすべてだとは思ってなくて、自分自身のワクワクやトキメキの感覚をいちばん信頼しています。

コメント: Natsuさん

当時(2010年頃)はまだ、一般の人なのにブログで顔出しして大丈夫?と心配もされたけど、自分の感覚がもともと強いから、何言ってるのかな?何が心配なの?という感じでした。自分が感じたことは貫いて、行動に移すタイプです。

コメント: Natsuさん

周囲の常識や心配をものともしない、強い意志と行動力。ニーズがあるものを人より1.5歩先に始める力が、多くの人を惹きつけている所以なのかもしれない

自由に愛を持って作品をつくりたくなった

しかしブランドのビジネス化が加速すると、毎シーズン決められた数をつくらなければならないという状況に。都内で慌ただしく作業のようになっていく環境を考え直し、ブランド終了させた。

自由につくりたいときに、つくりたいだけ、愛をもってつくりたいと思ったんです。

コメント: Natsuさん

現在は、新ブランドSea of Roseを立ち上げ、アートや天然石ジュエリー、オリジナルドレスなど、オンラインストアで販売。

自分のいるところだけが選択肢だけじゃないと思い、海外へ生活のベースを移行中なのだとか。

「自分軸で選ぶ、地球コンシャスな」戦闘服

より海外に向けてステージを変えようとしている、Natsuさんのとっておきは白のファーコート。最近毎日着ているのだそう。

若い頃はいろんな格好して楽しみたかったし、もう少し外向きで、人からどう見られるかとか、こういう風に見えたい!だったけど、いまは自分軸が強くなったから服も変わった。いつも同じものを着ていますね。別に、好きでそのときに着たいと思って着ているんだから、ワンパターンって思われようが全く気にならなくなっちゃいました。笑

コメント: Natsuさん

こちらのファーコートは動物性の素材を使用しないヴィーガンコート

数年前までは全くコンシャスではなかったそうだが、食生活から肉食を70〜80%カットしたり、コンビニなどで募金箱を見るたびに小銭を全部入れるなど、地球のためにできることを意識。

華麗なる生活を手に入れるまでにビジネスを成功させたNatsuさんの戦闘服は、地球を守る服でもある。

Natsuさんのファッション観

Natsuさんがいま気になるのはやはり、サステナビリティ

消費するものに対してどこからいただいている恵なのかを想像し、無駄に服を買わないようにしているのだそう。

おしゃれで地球に優しいのが一番かっこいい、ってゆう時代にもうすぐなると思います。可愛いと思って買う以上の価値を感じています。

みんながすごいと思うブランドでなくても、いいブランドはまだまだたくさんあります。その基準でものを買っていきたいなと思っています。

コメント: Natsuさん

「合皮を選ぶほうがかっこいい時代が絶対来る。」と言うNatsuさん作、ヴィーガンなバッグ。

自分が生き生きできる場所として海外を選び、仕事と両立しながら暮らしているNatsuさん。キャリアをしっかりと積む一方で、作り手としての考え方もいまにあったものへ変化し続けている。

そんな、いま何が求められるかを敏感に察知する高い能力があるからこそ、多くの人が欲しいと思うアイテムづくりへと繋げることができるのだろう。意・行動のあらわれでもある服選びにその心意気を感じられたような気がする。

第二回では、Natsuさんがどうして去年カンヌのレッドカーペットを歩けたのか、普通の人が夢にも思わない経験をできた秘密について迫る。輝かしい経験の裏側が垣間見れる回になっているので、乞うご期待。

取材協力/Founder & Creator Natsuさん

NatsuさんInstagram

Channelバックナンバー

ミューズたちの戦闘服

配信日:水曜日(隔週)

ミューズの輝きの秘密を「ここぞというときに着る戦闘服」から読み解く。

supervised by

by.S編集部
by.S編集部

by.S編集部によるインタビュー記事のアカウントです。
by.Sチャンネル「ミューズたちの戦闘服」で水曜日(隔週)配信中!

Recommend