色モノの鎮静役、スタイルアップ役に。目利きのプロが選ぶ、軽アウターの共通点

日々温度差があり、なにかと重宝する軽アウター。「ハードなアイテムこそ、実は使える!」と話す、DIESELプレスの田中久子さん。女性らしさが引き立つような着こなしをご紹介。

田中さんの「MY定番」は、ミリタリージャケット

出典: : 田中久子さん撮影

ジャケット・Tシャツ/ヴィンテージ、パンツ・サンダル/DIESEL

ヴィンテージのTシャツにミリタリーのグルカパンツを合わせて、カジュアルに振り切ったコーデ。

これにスニーカーを合わせてしまうとカジュアルすぎるので、華奢なサンダルにして女っぽさをプラスしました。

コメント: 田中久子さん

ミリタリージャケットは実は万能で、意外とどんな服にも合い、飽きることなく着続けられる、と話す田中久子さん。

ミリタリージャケットは本当に好きで、ずっと着ています。これは3代目で、高崎のjantiquesでゲット。襟の星スタッズ、肩のズタボロ感、小さめサイズがお気に入りポイントです。

コメント: 田中久子さん

このジャケット、実はメンズもの。中のトップスをコンパクトにまとめて、パンツはハイウエストをチョイス。腰のラインを出すことで全体のメリハリも出て、女性らしく着こなすことができるのだとか。

出典: : 田中久子さん撮影

普段はヒールをあまり履かないのですが、ミリタリージャケットと合わせるときは、ここぞというヒールを履いて、女っぽさを出します。

コメント: :田中久子さん

ヒール合わせも、ミリタリージャケットを女性らしく着こなす条件の一つ! 抜け感のあるカジュアルさを演出できちゃうのも嬉しいポイント。

トップスをコンパクトにまとめて、高めのハイライズのボトムスでハイウエストを作り、ヒールを履く。ところどころにメリハリを出して、全体バランスを考えるのが大切みたい。

レザージャケットは「色モノ」の鎮静役に。

出典: : 田中久子さん撮影

レザーのジャケットを着るときは、色で遊びます! 基本的に、モノトーンで合わせず、色ものと合わせます。

あとは、レザーの重みを取るために、サテンのような光沢感のあるワンピースなど。そうすることで、男っぽい印象やハードな印象をなくして女性らしさを引き立たせるコーデになります。

コメント: 田中久子さん

レザージャケットが全体のコーデを引き締めてくれるから、ちょっと派手かも?と思うような赤や緑といった鮮やかカラーを合わせてみて。グッと女性らしい雰囲気に。

ハードめアウターが、似合うひと/似合わないひとって?

ハードめアウターはちょっと自分には似合わないかも…と思っているひとも少なくないはず。

クールめなお顔立ちの方や、お顔立ちがはっきりしすぎている方は、強い印象になってしまうかもしれません。フェミニンな雰囲気のひとにこそ似合うから、是非トライしてほしいです。

コメント: :田中久子さん

軽やかなシフォンや、サテンのワンピースといった軽やかな素材と合わせて、コーデのバランスを女っぽく仕上げるのもコツだとか。

ハードめアウターを女性らしく着こなすには、全体のメリハリと素材感が重要! お気に入りの一着を見つけて、あなたの女っぷりをアップデートしてみて。

取材協力 DIESELプレス/田中久子

text : 髙橋紗代

supervised by

DIESELプレス
田中 久子

DIESEL,DIESEL BLACK GOLDのショップスタイリストを経てプレスに抜擢。販売経験を活かした着まわし方やエッジの効いた女性らしいスタイルを紹介。

Recommend