• マーベラスな女たち

友近が「色っぽい」と言われる理由。愛されたいならやめとけ、なNG行動も判明【#16】

出典: by.S編集部

この連載では、パワフルで型破りなお姐さまたちの金言をご拝聴。キャリア・結婚・出産…まわりと比べては、ときどきダークサイドに陥るアラサー世代。そんな自分が小さく思えてきちゃうかも。

お話を伺ったのは、20年間お笑い道を突きつめる芸人・友近さん。体は張らず、自虐もせず、“どこか特別な女性”として際立っている。一流芸人のセルフブランディングを見習おうと気張るも、意外な一面が、愛される理由だとわかった!

完璧主義に見えて実は…「隙がある女」

出典: 編集部撮影

ガチガチの完璧主義者だと思われることもありますが、実はそうではないんですよね。『みんなを引っ張っていこう』っていう姉御肌ではないし、むしろ姉がいるから妹気質ですし。ただ、自分が持ついろいろな面を、素直に出しているように思います。そう、素直さが大事かもね。全部、それぞれ本当の自分ですしね

コメント: 友近さん

そこに、見せ方の計算はない。

あるタレントさんが、所属事務所の社長にこう言われたらしいです。『あなたと友近さんの違いは、隙の有無。友近さんには隙があるけど、あなたにはガッチガチで隙がない。隙が女の魅力に繋がるのに!』って

コメント: 友近さん

“女の魅力”と言われると、たしかにホステスさんの世界観が好きで、コントに取り入れる以外にも、私生活でも彼女たちが実践する“ひととの距離感”を意識しているかもしれません

コメント: 友近さん

出典: 編集部撮影

たとえば『絶対、このひとと仕事がしたい!』と思ったら、同時に、自分のことを知ってもらうべく接します。そのとき、“自分の魅力”を、最大限に出すようにしています

コメント: 友近さん

媚を売るのとは違います。ただ純粋に、熱く語るのみ。すると真剣さのほかに、隙や抜けている自分も、同時に出てくると思うんです

コメント: 友近さん

これぞ、「このひと、なんか特別感ある」要因なのかもしれない。

恋愛中、自己アピールは“まなざし”から

出典: 編集部撮影

笑いのエッセンスもさることながら、色気も垣間見える、友近さんの芸。特に、映画『吉原炎上』をはじめとする五社英雄監督作品の世界観を表現させたら、天下一品。

色気? そんなもの、わたしにはないですよ! うーん、ただ昔、『国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉』(テレビ朝日系)というテレビ番組に出演したとき、前世について『置屋の女将だった』と言われたことがあります

だから自分では『色気なんてない』と思っていても、勝手ににじみ出てくるのかもしれませんね(笑)。だって、『吉原炎上』を初めて観たとき、『この感じ、懐かしいな』って思いましたもん(笑)

コメント: 友近さん

一方、私生活で恋をすると、「相手を見る目が変わる」んだとか。

『このひとと、いい感じになりたいな』と思ったら、目が変わると思います。同時に、下着からなにから、服装すべて変わります。そういうところから、“自分は女”だというスイッチを入れるんです。

まあでも、ダイエットをしてある程度お腹が引っ込んでからじゃないと、女っぽい色気のある表情や仕草はできないですけどね(笑)

コメント: 友近さん

好きなひとを目の前にしたとき、やることは、「このひとと仕事がしたい!」の相手と同じこと。

恋をしている相手だからって、意図的に取り繕うことはないですね。言うこと・やることは、お笑いのときと同じ。ただ熱く真剣に、語ると思います。そういう“お笑いに熱い自分”を好きになってもらいたいですから

コメント: 友近さん

そもそも、“モテテク”なんて考えたことないですし、『どうしたら彼氏ができるのか』と思う時点で、スタートラインがズレているのでは?

コメント: 友近さん

そういえば昔、芸人の土肥ポン太さんと雨の中を歩いていたとき、わたしは新品のジーパンを穿いていたんですけど、濡らしたくなくて膝上までまくりあげたんです。

するとポン太さんが『うわ、めっちゃかわいい』って言ったんですよ。え!? なんで!? と思って。濡らしたくない一心で無様な格好を見せてしまったのに。“かわいいの定義”は、本当にひとそれぞれですよね

コメント: 友近さん

“長続きする男”の見定め方

出典: 編集部撮影

また交際前、冷静に見定めたいのは、どんなことで怒るのか

相手と喋っていて、怒りポイントや腹の立つことだったり、“正義”の感覚が似ていると、交際後もそんなに喧嘩にならないんです

コメント: 友近さん

友近さんのこれまでの恋人は、そこが合致したひとばかり。だから大喧嘩はおろか、ほとんど喧嘩したことがないそう。

晴れて交際後や結婚後、相手の嫌な部分が少しずつ積もり積もって、喧嘩ばかりの毎日に…って、よくあるパターンじゃない?

いい女は、仕事も恋愛も、取り繕わない。そこに、ひととしての色気が宿るから。それは、わかってほしいひとには伝わるもの。

photo/玉越信裕

Channelバックナンバー

マーベラスな女たち

配信日:月曜日(毎週)

我が道をゆく、女の生き様。型破りなお姐さまたちの金言集

text : 有山千春

supervised by

公式
by.S編集部

by.S編集部によるインタビュー記事のアカウントです。
by.Sチャンネル「マーベラスな女たち」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend