• 27歳からの、ビューティースポット

ジムに行かなくても痩せちゃうかも。1日2分・痩せ体質を作る「体幹リズム運動」のやりかた

外出自粛期間で運動不足になったり、食べる量が増えてしまったりと、いわゆる「コロナ太り」になっているひとも多いのでは? おデブ習慣が身についてしまっているならいますぐ簡単トレーニングで体質をリセット。まずはすべての基本となる体幹を鍛えて。

今回は、スポーツトレーナーとしても活躍するインナービューティーインストラクターの松葉子さんに2分でできる体幹トレーニングを教えていただいた。動画を見ながら毎日続ければ痩せ体質が作れるはず。

体幹を鍛えることで“痩せ体質”を作ることができる?

運動するときはもちろん、日常の動作でも意識すべきは「骨盤」「インナーユニット」だと松さんは話す。これを意識するだけでインナーマッスルを使うことができ体幹が鍛えられるため、普段の移動や座っているだけでも筋トレをしているのと同様の効果が期待できる。

ちなみに、巷でいわれる体幹トレーニングの「体幹」は「インナーユニット」を指している場合が多い。「インナーユニット」とは腹横筋、多裂筋、骨盤底筋群、横隔膜を指していて、これらを囲んで箱ができているのをイメージすると◎。

普段から意識しておきたい「骨盤を立たせるコツ」と「インナーユニットを使う方法」は下記の記事をチェックして。
▶たった2つを意識するだけ「痩せ体質」を作る習慣

体幹リズム運動を動画で紹介

きつい運動はなかなか続かない…というひとでも、1日たったの2分で体幹を鍛えることができるので、ぜひ試しに挑戦してみて。動画を見ながら早速トライ。

出典 YouTube

<How to>
①四つ這いになり、手で床を押すように背中を丸くする。(へそをのぞき込むように)
②お腹に力を入れ、肩甲骨を内側に寄せながら、背中・腰を反らす。(肘が曲がらないように注意)
③①②の動作を30秒ほど繰り返す。

④四つん這いの状態に戻したら、右脚・左脚を交互に伸ばす。
⑤これに反対の腕を伸ばす動作を加える。(右脚:左腕、左脚:右腕)
このとき骨盤が捻じれやすくなるので、まっすぐ下を向いたままを意識。手足の指先が引っ張られるような感覚で行う。
⑥④⑤の動作を40秒ほど行う。

⑦四つん這いの状態に戻り、右上方向に向かって右腕をあげ、背中をねじる。あげた右腕を左腕のワキを通す動作を行う。そのまま指先をさらに奥へのばす。この動作を2回ほど繰り返す。
⑧反対も行う。

◆◆◆

最初のころ、きついと感じる場合は、時間を減らすなどして無理のない範囲で取り入れてみて。できる時間がどんどん増えたり、負荷が少なくなったと感じたら体幹が鍛えられている証拠。毎日続けて自然と体幹が使える痩せ体質を手に入れて。

取材協力/インナービューティーインストラクター 松葉子

Channelバックナンバー

27歳からの、ビューティースポット

配信日:木曜日(隔週)

生活スタイルの意識とエクササイズで、心も身体もハッピーに。

text : Yukari Shirai

supervised by

スポーツトレーナー/セミナー講師
松 葉子

インナービューティーインストラクター。運動の大切さと女性のカラダとココロのメカニズム、ビューティー理論を提供している。
by.Sチャンネル「27歳からの、ビューティースポット」で木曜日(隔週)配信中!

Recommend