• やまとなでしこビューティー計画。

コロナ自粛中、メイクさんがコスメを整理してみたら…意外な発見がたくさんあった

メイクが好きで、たくさんのコスメを家に持っている人も多いのでは。たくさんあっても意外と普段使っているのは同じコスメだったりしませんか。これまで出番のなかったコスメを活用できるちょっとしたコツをプロのメイクアップアーティストの本岡明浩さんに聞いてみた。

コロナ自粛中、忙しくてできていなかったコスメ整理をした

最近使ってないコスメ、1つはあるのでは? それって使えないんじゃなくて、実は持ってること忘れてたなんてことも…。

コロナの影響で家にいる時間が長かった自粛中、本岡さんは使っているコスメの整理をしたんだそう。これまで雑多に並んでいたカラーを色味に合わせて整理することで、これまで見えていなかったことが見えてきたそう。

コスメ整理をしたら、まだまだ使えるコスメが埋もれてた

きちんと整理したことによって、これまであまり使っていなかったカラーを使えるようになったり、発想がこれまでより自由になったりとポジティブな変化が。これまで習慣になっていたことが一旦リセットされて、新しい視点を取り入れることが可能になったんだそう。

今まであんまり使っていなかったアイシャドウとか、“これ重ねた方が可愛いな“とか。メイクの幅が広がりました。

コメント: 本岡さん

コスメを使いこなすために私たちが真似できること

プロのメイクアップアーティストのようなメイクボックスはなくても、大きめのポーチや箱は用意することは私たちにも難しくないはず。自分が持っている全てのコスメをその中に色別に並べてみて。そうすると、これまで見えていなかったものが、可視化されて自分がどんな色を持っているか、どんな色が好きかなどもわかるはず。

整理すると好みも変わるので、今まで使っていなかったリップとかも、"あれこれ意外と可愛いな”とか出てくると思う。

コメント: 本岡さん

持っているコスメを整理するだけで、これまで出番がなかったカラーの出番も増えるかも。普段と違うカラーを使うだけで、顔の印象がガラッと変わることだってある。自分の持っているコスメを整理して、新しい自分を発見をしてみて!

取材協力/ヘア・メイクアップアーティスト 本岡明浩さん

Channelバックナンバー

やまとなでしこビューティー計画。

配信日:金曜日(隔週)

「凛として芯のある、上品な女性」になる方法をレクチャー。

text : Keiko Kasuga

supervised by

ヘア・メイクアップアーティスト
本岡 明浩

ヘア・メイクアップアーティストKOSHINOに3年間師事し、独立後は女優、雑誌、広告のヘアメイクを担当。「凜として自信と品がある女性を増やす」を信条に活動中。
by.Sチャンネル「やまとなでしこビューティー計画。」で金曜日(隔週)配信中!

Recommend