BOTANIST
BOTANICAL BODY SOAP (LIGHT)

使って良かった3私には合わなかった0

クチコミ評価

よかった!
3
う〜ん…
0
コスパ
洗浄力
肌への優しさ
すべてのクチコミ (3)

最新のクチコミBOTANICAL BODY SOAP (LIGHT)

絞り込み

商品情報BOTANICAL BODY SOAP (LIGHT)

1.洗う成分にとことんこだわりました。 ボディソープでは水の次に多く洗う成分を含んでいます。洗う成分にこだわることで優しくお肌を洗いあげることができました。 (1)硫酸系フリー(ラウレス硫酸Na・ラウリル硫酸Naフリー):硫酸系洗浄剤はタンパク質を変性させる強い洗浄剤なので、髪や肌を痛めてしまいます。また、アレルギーを引き起こすことがあると言われています。BOTANISTはこの成分を入れずに、洗い心地の良いボディソープに仕上げました。 (2)洗浄成分はほぼ植物由来成分 (3)優しい成分でできているので、顔も洗えます。ファミリーでご使用いただけます。 2.植物由来成分配合。お肌を守りながら、優しく洗い上げます。 (1)ボタニカルバターミルクTM配合により、すべすべとしたお肌にしあげます。 ※植物性のバターとミルクのブレンド (カカオバター・シアバター・ムルムルバター、アーモンドミルク・ココナッツミルク) (2)ボタニカル美容エキス5種配合(サクラ葉エキス、リンゴ果実エキス、ベルガモット果実エキス、クマツヅラエキス、キュウリ果実エキス)により、お肌に潤いを与えます。 3.肌のバリア機能に着目 グリコシルセラミド(国産のコメ由来の水溶性セラミド セラミドは細胞間脂質の多くを占める成分。角質細胞を結びつける役割を持つため、お肌のバリア機能に重要です。 外的刺激から肌内部を守り、また、水分の蒸散を防ぐことで乾燥、肌荒れを防ぎます。 ※肌の「バリア機能」とは、肌表面にあるわずか0.02mmの角質層がうるおいを蓄え、 乾燥と外部刺激から肌を守る役割のことです。 4.クリーミー泡 ライトタイプは洗浄成分を石鹸のみにこだわりました。3種類の脂肪酸をブレンドし、さっぱりととした洗いあがりとクリーミーな泡が実現しました。 5.Wフレグランス カシス&リーフグリーン 6.洗い上がり べたつかず、さっぱりと滑らかな洗い上がりです。

  • メーカー:I-ne
  • ライン:--
  • 容量:490mL

ECサイトで商品をみる