KIEHL’S SINCE 1851キールズ クリーム UFC

Rated 3.1 stars out of 5
3.1(162件)
キールズ クリーム UFC
¥2,750税込
商品情報・成分表
クチコミ一覧(162)
みんなの総合評価
Rated 3.1 stars out of 5
3.1
(調査件数:162件)
  • コスパC
  • 保湿力B
  • 効果の実感B
  • 肌なじみの良さB
評価更新日:2021.11.23

最新のコスメ評価キールズ クリーム UFC

このアイテムの使い方キールズ クリーム UFC

商品情報キールズ クリーム UFC

まるで乳液のような軽いテクスチャーで、潤いをぎゅっととじこめ、ふっくら*肌へと導きます。 スーッと肌になじむ使用感で、季節を問わず、様々な肌タイプの方におすすめです。 * ハリ感のこと

  • メーカー:KIEHL’S SINCE 1851(キールズ)
  • ライン:--
  • 容量:27g/49g/123g
すべての成分
グリセリンシクロヘキサシロキサンスクワランビスPEG-18メチルエーテルジメチルシランステアリン酸スクロースステアリルアルコールステアリン酸PEG-8ミリスチン酸ミリスチルテトラエチルヘキサン酸ペンタエリスリチルアンズ核油フェノキシエタノールアボカド油ステアリン酸グリセリルセタノールコメヌカ油オリーブ果実油クロルフェネシンステアリン酸パルミチン酸EDTA-2Na(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマーカルボマーアーモンド油キサンタンガムエチルヘキシルグリセリン水酸化Naトコフェロールダイズ油シュードアルテロモナス発酵エキスミリスチン酸ヒドロキシパルミトイルスフィンガニンBHTサリチル酸クエン酸
乾燥肌
乾燥部位との相性が良い
:スクワラン、アンズ核油、アボカド油、コメヌカ油、ステアリン酸、アーモンド油、ダイズ油、ミリスチン酸
敏感肌
敏感部位との相性が良い
:ミリスチン酸
脂性肌
脂性部位との相性が良い
:スクワラン、ステアリン酸、パルミチン酸、サリチル酸
乾燥肌
乾燥部位との相性が悪い
:サリチル酸
敏感肌
敏感部位との相性が悪い
:スクワラン、フェノキシエタノール、セタノール、オリーブ果実油、クロルフェネシン、EDTA-2Na、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、カルボマー、トコフェロール、サリチル酸
アレルギー
アレルギー誘発の可能性
:アンズ核油、アボカド油、セタノール、コメヌカ油、オリーブ果実油、アーモンド油、水酸化Na、ダイズ油
  • *すべての方に当てはまるとは限りません
  • *不安がある場合は皮膚科医等にご相談されることをおすすめします
  • *はじめての化粧品は必ずパッチテスト等、お試しの上ご使用ください
  • *すべての成分のなかから、特に一般的な成分のみアラート表示をしています
  • *客観的な成分解析をもとに表示しており、配合量および製造元の配合目的とは関係ありません
  • *最新の成分情報は公式サイトをご確認ください