「腹・尻・もも・背中」部位別3STEPで簡単揉むだけダイエット

産後20kgのダイエットに成功した、元エステティシャンの本島彩帆里さんをご存知ですか?
痩せた秘密は、なんとセルフマッサージ。方法と美容知識をSNSで公開したところ、実践した人から「顔が小さくなった」「ウエストが細くなった」との成功談が続々と集結!
”もんで痩せない身体はない”と語る彼女に、ズボラでもできる簡単ダイエット法を教えてもらった。

CONTENTS 01下っ腹を凹ます方法 02ジーンズを美しく履けるお尻になる方法 03太ももを細くする方法 04乗っかり背中ハミ肉を減らす方法 COLUMN万年ダイエッターから抜け出す頑張れない私を180度変える方法

うまく続かなくて悩んでる人は、ダイエット方法の最後のコラムをチェックしてね♡

FIRST STEPマッサージを始める前に

1. 気持ちいいと痛いの中間で

どんなに早く痩せたいと願っても、強く揉みすぎるのはNG。強く揉むのではなく、リンパに向かって揉み流すことを忘れずに行いましょう。セルライトはほぐれていくほど痛みも少なくなってくるので、痛いところほど手をかけてお手入れしてあげてください。

2. 水分補給と呼吸を忘れずに

マッサージを行うと血流の巡りがよくなり、老廃物の排出が促されます。お風呂上がりに行う方も多いかもしれませんが、まずはたっぷりと水分補給を忘れずに。また、同じく忘れてはいけないのが呼吸です。力を入れていると、つい呼吸を忘れてしまいがちなので気をつけて。

3. 摩擦は肌への負担です!

マッサージを行う際はすべりをよくするためにも、オイルやクリームなど何かしら肌に塗ってからにしています。スリミング効果の高いオイルなどもあるので、色々試してみて自分が好きなものを見つけてみてください。

本島さんのおすすめアイテム

01下っ腹を凹ます方法

STEP1 下っ腹を凹ます方法
STEP1

両手を重ねて小腸を意識し、クルクルと小さな円を描きながら時計回りになでるように揉みほぐします。

STEP2 下っ腹を凹ます方法
STEP2

手をネコの手に変えて、下腹部全体を小刻みに上下に運動させます。

番外編 下っ腹を凹ます方法
STEP3

息を吐きながら、みぞおちから両手を使って下へと押し流していきます。この時、みぞおちには圧をこめず、おへその少し上あたりから体重をかける感じで押してみて。

02ジーンズを美しく履けるお尻になる方法

STEP1 02ジーンズを美しく履けるお尻になる方法
STEP1

素肌にオイルを塗り、グーの手でセルライトを意識してお尻全体を揉みほぐします。服の上からお肉の厚いところをつまみ揉んだりするだけでも効果的。

STEP1 02ジーンズを美しく履けるお尻になる方法
STEP2

お肉がほぐれてきたら、お尻を持ち上げるようにグーの手で引き上げます。

番外編 02ジーンズを美しく履けるお尻になる方法
STEP3

「簡単なマッサージさえも面倒くさいな…」「何もしたくないな…」という時は、手をグーにしてお尻の下にセット。ヒザを立てて足を浮かせて左右に動かします。下半身の体重がマッサージ代わりになって、これだけでもOK♡

03太ももを細くする方法

STEP1 03太ももを細くする方法
STEP1

太ももの裏側をグーでたたきながらほぐします。叩くだけでグッとほぐしやすさが増します。

STEP2 03太ももを細くする方法
STEP2

手をグーにしてセルライトを意識して太ももの正面をほぐし、内ももをそけい部に流します。

STEP2’ 03太ももを細くする方法
STEP2

そのままぐりぐりと太ももの外側も同様にほぐし、そけい部に流します。

STEP3 03太ももを細くする方法
STEP3

正面を今度はつかむようにしながら上へと揉みほぐします。

04乗っかり背中ハミ肉を減らす方法

STEP1 04乗っかり背中ハミ肉を減らす方法
STEP1

手をグーにして脇をほぐし、ゴリゴリとつまりをとっていきます。

STEP2 04乗っかり背中ハミ肉を減らす方法
STEP2

十分にほぐれてきたら、背中のお肉を手のひらで胸に集めるように流していきます。

STEP3 04乗っかり背中ハミ肉を減らす方法
STEP3

手をかぎづめの形にし、背中や二の腕・脇の下のお肉をまんべんなく胸へと向かって集めます。肩も同様に鎖骨のあたりに持ってきます。

COLUMN万年ダイエッターから抜け出す頑張れない私を180度変える方法

私もはじめは、失敗ばかりでした。痩せたら綺麗になれるかもと期待を抱いて始めたダイエット。しかし、「甘いものを食べちゃった…」「今日ストレッチするのを忘れちゃった…」などとできない自分が次々と登場して、ああダメだなあと落ち込んでしまうことばかり。結局何もできないダメな自分ばかりが露呈してきて、ダイエットへのハードルもどんどん上がり、どこかあきらめている自分もいました。

0か100かでいつも続かない…なんてことはありませんか?なかなか痩せられなくて悩んでいるひとほど、自分を否定をしてプレッシャーをかけて結局破滅してしまっているのかもしれません。

そんなときは思い切って、まず自分ファーストを目指してみましょう。どんなに小さくてもできたことを確認する作業を取り入れてください。自分に寄り添ってあげることで、小さくてもできることが少しずつ増えていき、それが習慣になっていきます。

例えば、「今日は朝にパンを食べちゃった、ダメだ」→「エレベーターじゃなくて階段を使った、できた!」
「チョコ食べちゃった…」→「チョコ全部ではなく、半分にできた」というように、褒めぐせをつけてあげるのです。

自分ができることを見つけて認められるようになれば、習慣にできることが増え、根本的に心や体の変化を感じるはず。これが辛かったダイエットから抜け出せた理由です。ぜひみなさんも、まずは今日の自分のできていることを確認してみてください。

by 本島彩帆里

PROFILE

MOTOJIMA SAORI

MOTOJIMA SAORI

本島 彩帆里

ダイエット美容家。元エステティシャン。思春期からずっとコンプレックスでリバウンドばかりだった体型を産後-20キロのダイエットを経て体質から改善。心も身体も健康的に美しくなるための情報をSNSを中心に発信中。著書累計は38万部を超える。
@saoooori89 @saori_lifestyle