元・美容部員の和田さんが待ったをかける!メイクの間違いあれこれ

大人気美容クリエイター 元美容部員 和田さん。が、ついにLulucosに登場! 今までやっていた自分のメイクにハッとする、ためになる、驚きのメイク術の嵐をお届け。明日から実践したくなるポイント満載。

WELCOME

元・美容部員の和田さん。

「みなさま、ご来店いただきまして、誠にありがとうございます。元美容部員 和田さん。です。
ご来店いただいたみなさまが、明日から少しでもエネルギッシュに、 そしてただ、毎日を笑顔で過ごすお手伝いができたら幸いです。」

CONTENTS

よくあるメイクの間違い

  • SECTION1崩れないメイク編
  • SECTION2メイク直し編
  • SECTION3美容部員との話し方編
元・美容部員の和田さん。

SECTION1崩れないメイク編

お悩み

「出かけるとすぐにメイクが崩れてしまいます。崩れやすいTゾーンは意識しているつもりだし、リキッドファンデで潤いたっぷりにして、最後はお粉も塗って鉄壁だと思っているのですが…」

That is...・崩れやすいのはTゾーンだけ・リキッドファンデはベタベタが完成形・肌色のパウダーを塗る というのは・・・間違いです!

実は、夏場一番崩れやすいのは、お顔のフチ側です
崩れる=Tゾーンだと思いがちですが、この時期は汗が垂れてきたりするのもお顔のフチ側からだったりします。また、乾燥すると皮脂が出て崩れるというイメージからか、リキッドファンデーションは、ベタベタのまま乾かないようにした状態が完成だと思っていませんか? 実は、ファンデは乾かしながら塗るのがおすすめです。ファンデの選び方・塗り方、パウダーの付け方次第で、崩れにくいメイクに変わるはず。

STEP1 頬の三角ゾーンにファンデーションを 乾かしながら塗る

頬の三角ゾーンにファンデーションを 乾かしながら塗る

手に出して広げてから全面に塗ってしまうと、均一にいらぬ部分も厚塗りになってしまうので、まずファンデーションは頬の三角ゾーンに塗る。そして少し乾かしてから、他のところへ塗り広げていく。乾かしながら塗り広げていくことでフチは薄く、側面はしっかりとカバーした仕上がりに。

コフレドール リフォルムグロウ リクイドUV30mL オールシーズン用SPF36・PA+++ スポンジ付き

コフレドール リフォルムグロウ リクイドUV
全7色 30mL オールシーズン用
SPF36・PA+++ スポンジ付き
3,500円+税 (編集部調べ)/カネボウ化粧品
※和田さん。使用カラーは、オークル-C

ファンデーションの選び方POINT

秋冬でよく使われる重たい質感は崩れやすさをまねくので、まず、振ったときに「カランカラン、カチャカチャ」と音がするようなパッケージに入ったファンデーションを選ぶ。バシャバシャ系で塗り心地はさらりとしたテクスチャーだと◎。

STEP2 パウダーは側面から 顔のフチまで抑えるようにして塗る

パウダーは側面から 顔のフチまで抑えるようにして塗る

パウダーをパフで塗っていく。このとき、最初からストロークするようにするする塗るのではなく、抑えながら固めていくような感じで。側面からフチにかけて全体がサラサラになるように点で置いてつなげていく。特に汗が出やすいフチ部分はしっかりと。

STEP1 オトナクチュール ペールトーン フェイスパウダー

オトナクチュール ペールトーン フェイスパウダー
1,800円+税
01 ペールピンク(セミマット)

パウダーの選び方POINT

このとき、パウダーはカバーという名目で選びがちな肌色をチョイスしないように。色があると視覚的にも崩れたことがわかってしまうので、肌を明るく見せてくれるようなものを選ぶと◎。カラーコントロール系や白、紫などがおすすめ。

SECTION2メイク直し編

お悩み

「メイクを直そうとすると、余計にぐちゃぐちゃになってしまいます。同じファンデを塗り重ねて整えたり、お直し用のパウダーをのせたりしてヨレを直そうとしているつもりなのですが…」

That is...・同じファンデを塗り重ねる・パウダーを直接上からのせる というのは間違いです!

実は、同じファンデを重ねてヨレたところを埋めるよりも、まず汗・皮脂を取り去ることが大切です。つい同じファンデを付け足せば落ちたところをカバーできると思ってしまいますが、ドロドロ肌に重ね付けしても、うまく化粧のりしません。まずは汗皮脂を取り除くことを考えましょう。ちょうど皮脂コントロールをしながらUV効果もあり、さらにくすんでくるお肌をトーンアップさせるという万能アイテムがあるので、それで肌の回復も狙うと尚いいですね。

STEP1 ティッシュで汗・皮脂を抑える

ティッシュで汗・皮脂を抑える

ティッシュを1枚、半分に折り、顔半分に乗せる。鼻を抑えながら、両頬の余分な汗や皮脂を取り除く。秋冬だと、塗り重ねたことによるドロドロ崩れが多いけど、この時期は汗・皮脂が原因であることが多いので、スポンジよりも、ティッシュで抑える程度がいい。

STEP2 皮脂コントロールする UVジェルを塗る

皮脂コントロールする UVジェルを塗る

汗や皮脂をしっかり抑えたら、崩れてしまった箇所にUVジェルを塗る。秋冬の乾燥しているシーズンは、小さい保湿クリームで余計なものを取り除いてその上からパウダーファンデを重ねるのがおすすめ。でも夏の場合は、皮脂をコントロールするようなUVジェルでその役割を。

キャンメイク マーメイドスキンジェル UV

キャンメイク マーメイドスキンジェル UV
700円+税 02 ホワイト

UVジェルの選び方POINT

ベタつきの少ないジェル。特に、皮脂コントロール・ハイライト・UV・スキンケア・冷感・トーンアップなどの効果が入っているとより◎。化粧直しだけでなく、くすんだ肌を生き返らせてくれるので、まるで化粧したての仕上がりに。

STEP3 グリーンカラーの入った クッションファンデで整える

グリーンカラーの入った クッションファンデで整える

UVジェルを馴染ませたところを中心に、グリーンカラーのクッションファンデを塗る。ヨレを直しつつ、ツヤ感を。普通のクッションファンデでもいいが、くすんでくる時間にお直しするはずなので、グリーンカラーを選んでトーンアップをはかれば一石二鳥。

VT Cosmetics CICAレッドネスカバークッション

VT Cosmetics CICAレッドネスカバークッション
3,037円+税 (編集部調べ)
※和田さん使用カラーは、21号ライトベージュ

お直しファンデの選び方POINT

自然なツヤが出せて、持ち運びに便利なクッションファンデをチョイス。特に、夕方のくすみなどが気になるひとは、このようにグリーンカラーが入ったものを選ぶと◎。1つ前の工程のUVジェルなどでコントロールカラーを取り入れるのも手。

SECTION3美容部員との話し方編

お悩み

「後からこれ失敗だったなと買い物で後悔することがあります。事前に雑誌などでトレンド調査をして欲しいもの絞ってるし、パーソナルカラーも伝えて似合うのを選んでるつもりなんですが…」

That is...・これ欲しいですと指定する・これ似合わないと断定する というのは・・・もったいないです!

美容部員をやっていた頃、お客様に多かったのが、「こうじゃないと似合わないのでそれに合ったものを」「私はブルベなのでこのカラーを」と、自己分析して欲しいものをとても限定的に指定してくるひと。でも、これがかえって自分を狭めてしまって、結果こうなりたいなど思い描いていたものとかけ離れ、コスメの買い物の失敗へと繋がっているのではないでしょうか?似合わないと決めつけずに気軽に美容部員さんへ相談するつもりでコスメフロアを訪れてみましょう。

STEP1 自分に似合わないという 固定概念を取っ払う

自分に似合わないという 固定概念を取っ払う

似合わないと決めつけないこと。これは嫌ですと言われてしまうと、美容部員さんもなかなか提案しにくいもの。ガードを先に張らずに、美容部員さんを頼るつもりで相談してみよう。トレンド2割&似合うもの8割のイメージで提案してもらえるのがベスト。

STEP2 美容部員さんに なりたい理想を伝える

美容部員さんに なりたい理想を伝える

「こんなのが流行っているから私もチャレンジしてみたい」、「こんな風になりたいから叶えるコスメが欲しい」といったように、理想を率直に美容部員さんへお話するのがおすすめ。客観的に似合うものを見てもらいながら、自分が欲しいと思っているアイテムに出会えるかも。

PROFILE

元美容部員 和田さん。

Wada san

元美容部員 和田さん。

C Channel所属。元美容部員の経験を活かしたメイク動画が話題となり、自身のYouTubeチャンネル登録数は、83万人超え。知識量とメイクの技術に定評あり。その独特のBA風の話し方と心地よいテンポで、わかりやすく親しみがわくと、多くの女性から支持を集めている。

YouTube『和田さん。チャンネル』
https://www.youtube.com/channel/UCj77ylV0zetTGwztHbah33g