MAYBELLINE NEW YORK話題のアイライナー イガリシノブのスコアは何点? 本音で採点!

8秒に1本売れている*人気アイライナー「メイベリン ハイパーシャープ ライナー R」。クセになる描き心地!とにかく描きやすい!と話題沸騰のアイテムですが、その実態は…?自身もコスメブランドを手がけるイガリシノブさんが徹底レポ。プロがアイライナーを選ぶ時にチェックする5項目を、本音で採点してもらいました。

*発売約36か月(2016年6月28日~2019年6月30日)の当社出荷実績に基づき、出荷が行われている1か月の平均営業日数21日間および1日の営業時間を12時間として算出

イガリさんが試したアイライナーをチェック

01: さっとひいても手ブレしにくい安定感のある描きやすさ

SCORE
120
点

根元が太く、先端が細い“手ブレ吸収ブラシ”で筆先が安定。絶妙なコシで描きやすく、失敗しにくい!時間がない朝でも、さっとひいてきれいな仕上がり。

COMMENT
とにかく描きやすいので、日頃からよく使ってます。描きやすさの理由は“手ブレしにくい”長さとコシがちょうどいいから。毛足が短いので筆先が安定するし、描くときに余計な力みがない。パッと描いてスッとひける、テクニックいらずのアイライナー!
プロも認める安定感をチェック

02: 狙ったラインが思い通り!0.01mm極細ライン

SCORE
99
点

画像左:ハイパーシャープライナーR、右:ハイパータイトライナー

0.01mm*の超極細ラインで細かいところも狙いどおり。すっぴん風ナチュラルメイクから、トレンドのアーティラインまで1本で異なる表情に。

*最細の場合において描けるライン幅のこと。
メイベリン ニューヨーク調べ。

COMMENT
目尻のハネ上げはもちろん、筆の入りが難しい目頭も描きはじめから細い線で描けるのでナチュラルな目元印象に。まつ毛の間の埋め込みも筆先がぴったりはまってはみ出さないから、簡単にキレイな「仕込み線」が描けちゃいます。
違いをもっとみる

03: アフター5まで仕上がりをキープするにじみにくさ

SCORE
98
点

汗・水・涙に強い“インクフィルムフォーミュラ”採用。長時間にじみにくいのに、簡単オフ*できて敏感な目元にもやさしい。極細ラインもにじむことなくアフター5までキープ。

*通常の洗顔料で簡単に落とせます。

COMMENT
速乾性があるので、描いたままの色味が瞬時にピタッと密着。描いてる最中に線がにじんでガタガタになることがなくキレイにきまります。水に強く、まつ毛の埋め込みや粘膜のキワに使ってもにじみにくい。
違いをもっとみる

04: クッキリもニュアンスも。ひと塗りで高発色

SCORE
95
点

アイラインが曖昧な発色だと、目の印象までぼんやり。ハイパーシャープライナーはひと塗りできちんと発色するから、極細ラインなのにしっかり目力UP。まつげの隙間を埋める仕込みラインも、キリッと跳ね上げラインも思いのまま。

COMMENT
高発色なのに、キラキラ系にもくすみ系アイカラーにもいい感じになじんで一体化するから使い勝手◎。 今年は、アイカラー、アイライナー、マスカラと色を重ねて立体感を出す3Dメイクも人気。色の組み合わせを楽しんで。
自分に合う色を探す

05: ひと筆でトレンドメイクが完成する今っぽカラー

SCORE
96
点

2020年は、カラーメイクがトレンド傾向に。0.01mmの極細ラインならナチュラルなのにしっかり“遊び”が聞いた新鮮なカラーメイクが完成。シーンを問わない「漆黒ブラック」から目元に透明感を出すプラムブラウンまで、ニュアンスカラーが全6色。

COMMENT
今のメイクに合いやすいカラバリが揃ってる! 私のお気に入りは、絶妙カラーのプラムブラウン。友達と遊ぶときはファッションに合うブラウンブラック、彼とのデートは写真の漆黒ブラックがおすすめ。メイクのバランスをとってくれるよ。
イガリ流今っぽEYEを試してみたい

まとめ

プロがこだわる5項目をしっかり検証してみたイガリさん。気になるトータルスコアは…?

Total Scire 100点
COMMENT
基本的にアイラインをひくのは苦手(笑)。だから、ブレずにパパっとキレイなラインが描ける『ハイパーシャープライナーR』を愛用してます。難しいテクニックいらずで、誰でも簡単に今っぽメイクできちゃうんだから、使わない手はない!
トータルスコア100点の理由をみる

使ったのはこの商品!

メイベリン
ハイパーシャープ
ライナー R
¥1,200 (メーカー希望小売価格)
全10色
製品を詳しくみる

大人の目元には繊細なラインが効く。プロも認めた実力派アイライナーで、アイメイクをさらに楽しんで。